本×旅×

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本×旅×

「本」と「旅」について書いています 時々「人生」について書くこともあるかもしれません

ホノルル空港のラウンジでべろべろ

どうもteriyakiです。ホノルル空港のラウンジにいってきました。ここは、ハワイアン航空のビジネスに乗る人が使えるラウンジなんですが、なかなか贅沢なつくりで、興奮してしまい酒を飲み過ぎ、べろべろになりました。その時の様子をレポートしてみたいと思います。今後のラウンジライフの参考におおいになる記事にしあがっています。

 

※この記事には、作者の勝手な妄想、想像等多々含まれていることを理解したうえで一読ください。

 

 

 

プルメリアラウンジ」

内装

 とても落ち着いている。大きなソファーがたくさんある。その間にテーブルデスクを配置する巧妙な作り。ちなみに私は、一人で大きなソファーに座る自信がなく、すごくよく回るイスに座り、ラウンジを楽しんでいる。

 しかし、富豪達はどうだろう。堂々とつめれば6人は座れるソファーに一人で腰掛け、足を組み、悠々自適に過ごしている。JRなら間違いなくマナー違反だ。もしくは、すごくよく回るイスに座っても、決してそのすごくよく回る性能を試すことすらしない。堂々と腰かけ、会話をする際に首を回すのがめんどうだという表情をしながら、すっとイスを回転させ話し手の顔を覗き込む。なんという巧妙なイスの使い方。どうやら富豪は一度座ると首をまわすことさえ億劫になるらしい。

 

f:id:teriyaki44:20170426062801j:plain

↑すごくよく回るイス。

 

フードとドリンク

 続いて、フードとドリンクについて考察してみよう。ラウンジの奥にはフードとドリンクがこ綺麗に並んでいる。まず、目につくのはこれ。

f:id:teriyaki44:20170426063005j:plain

 一体、どうゆうことだろう。「サラダはサラダだ。そばはそばだ。一緒にするな」という教育を受けてきた私には理解しかねる。金持ちはサラダでは飽き足らず、そばでは飽き足らず、その二つを同時に摂取しようとするらしい。

 いや、待てよ。わかったぞ。三角食べはしつけの基本。しかし、金持ちは首をまわすことすら億劫な生き物。三角食べもめんどくさい。サラダ→そば→ご飯→サラダ→そば→…「あ〜わずらわしい。おい、シェフどうにかして簡単に三角食べを成功させる食べ物はないのか?」「はい。それならば、そばサラダはいかがでしょう」これをおかずにご飯を食べれば、三角食べをしているのと同じ行儀のよさが得られます」「よし、それだ。それを作れ」

という流れでできあがったのが、このそばサラダなんじゃないか!!みなさん、ビジネスクラスに乗りたければ、今すぐそばサラダを作りましょう。

 

 あとは特にこれといって特徴的な食べ物はない。ベジタリアン専用ハンバーガーとツナとトマトのサンドウィッチ。それから、キムチ味のカップ麺。とりあえず、すべて食べてみることにしたが、味は普通。むしろ一番美味しくないのは、そばサラダだ。やはり無理があったようだ。三角食べにも。そして、全部の味を知るために一通り食べてみたらおなかがいっぱいだ。

 

 酒は、ワインとビール。ワインは白も赤もある。これらもすべて試飲してみる。いや、すいません。お酒がたくさん飲みたかっただけです。だいぶべろべろだ。

 

f:id:teriyaki44:20170427161548j:plain

もちろん、ドリンクバーやコーヒーもあるのでお酒が飲めない富豪も楽しめる仕組みになっている。

 

 あとはやはりなんといっても興奮できるポイントとしては、これだろう。

f:id:teriyaki44:20170427161818j:plain

 何かおわかりだろうか?瓶の中にハーシーズのチョコが詰まっているのである。そう、子どもの頃、誰もが夢見るあれである。子どもの頃の夢ベスト3といえば

 

1位 お菓子でできた家に住む

2位 ウルトラマンになる

3位 瓶にいっぱいのハーシーズのチョコレートを食べる

 

と相場が決まっているのだ。

 

僕はもう興奮しっぱなしで、スイーツは別腹というわけのわからないOL理論を振りかざし、ひとすくいでどれだけのチョコが瓶からすくえるのか、やってみた。

 

結果は…6個

 

以上。どうでもいい情報でした。

 

 そんなお菓子の瓶も所狭しとならんでいます。なんてことだ。富豪の子どもは、飛行機のビジネスに乗るという大人の夢を叶えただけでなく、瓶の中のお菓子食べ放題という子どもの夢ランキング第三位まで叶えているわけだ。どうりで夢に対してとてもポジティブに捉えられるわけだ。ようやく謎が解けた。

 

利用する人々

 さて、人間観察にうつろう。ここはビジネスクラス専用のラウンジ。さぞかし、来ている人たちも富豪だろう。

 

 近くのソファーに堂々と座るのは、ポロシャツにチノパン姿の恰幅のいい日に焼けたおじさんである。いわゆる、ビジネスクラスのラウンジでゴルフの話しかしない、ゴルフ好きおじさんだ。彼はきっと日々不動産で儲けているのだろう。(あくまで勝手な推測)しかし、ずっとゴルフの話をしている。あんなに恰幅がいいのに、サンドウイッチも食べずに、レイズのチョコにすら手をのばさない。ゴルフに夢中だ。

 

 そして、その奥のソファーには富豪の家族の姿が。父親は青いポロシャツにスポーティーな眼鏡をかけている。息子も眼鏡だ。息子は紅茶を飲みながらすごく背筋を伸ばして本を読んでいる。そして奥様は首に何か巻いている。中尾彬ばりだ。しかし、おかしい。本来であれば「しの」側の人間が首に何かを巻いている。やはり富豪は人と違うことをするということか。もうお顔がお医者様の奥様顔だ。となると、青いポロシャツの眉毛の白いあのおじさまはお医者様ということになる。(すべては勝手な推測)よく見てみると息子のあの背筋の伸ばし方は完全に医者だ。背筋を伸ばすことで、エコノミー症候群を予防しているのである。搭乗前から…。いや!!待てよ。彼らはエコノミーではない!!ビジネスだ。それでもエコノミー症候群を予防するあの徹底ぶり。完全に医者の息子だ!!これだけ、楽しい食べ物がある中で摂取しているのは紅茶のみ。この健康管理ぶり。読んでいる本は、『解体新書』で間違いないだろう。

 

 真ん中の一人がけのイスに座るのは、ヴィトンの大きなカバンを持ったお姉様だ。少し不機嫌。深いため息。ハワイで何かあったに違いない。きっと彼氏のトムと喧嘩したのだろう。日焼けがいやだから私は海に入らないとトムに告げた。しかし、トムは海に入りたい。いわゆる方向性の違いというやつだ。方向性の違いから気まずい雰囲気が続き、買い物に行っても、バーで酒を飲んでも、どうも二人ともぎくしゃくしたままハワイ旅を終えてしまったのだろう。結局トムはそそくさと本土に帰り、彼女は「一体私はハワイに何をしにきたんだろう。」と深いため息をついているに違いない。ちなみに、トムというのは、斗夢(キラキラネーム)のカタカナ表記であり、決してアメリカ国籍ではないことをここに記しておく。

※全て、妄想です。

 

 そんな中私は

スマホのカメラでカシャカシャといわせながらラウンジの写真を撮りまくり

 

・意気揚々と全ての食べ物を摂取しようと試み

 

・酒でべろべろ

 

もはや、この中で一番浮いているのは間違いなく私自身だ。

 

まとめ

 ちなみに私がどのようにして、このラウンジに潜入したかというと、プライオリティーパスというカード。これがあると世界中の空港で富豪達のみ使うことを許されたラウンジにてくつろぐことができる。オススメです。

 

 手に入れる方法や、ラウンジへの行き方は、ググれかすしてください。本来なればその情報を書くためのブログですが、今回はラウンジの中の様子をリアルにお伝えしすぎたので割愛します。

 

www.prioritypass.com

 

 

ハワイ島シュノーケリングでウミガメをみてワクワクする

 

f:id:teriyaki44:20170424063050j:plain

どうもteriyakiです。4月22日はアースデーだってこと、みなさん知っていますか?そんなアースデーに偶然にもハワイにいて、偶然にも溶岩が海に流れ込むところを見にいくというすごくアースデーっぽいことをしてきました。

 ちなみに、アースデーなるものがあることを知ったのは、次の日…。確かに、溶岩が海に流れ込む様子を見ながら、外国人たちがたまに言ってたんです。

 

「Everyone Happy Earth day

 

って。まわりの人たちもそれに答えるように

 

「Happy Earth day

 

なんて言ってるもんだから、

 

「外国人ってのは本当に陽気なやつらだな〜やっぱり地球の神秘を見ちゃうと、ついつい今日をアースデーにしちゃうんだなー。サラダ記念日方式だなー。そう考えると俵万智は外国人なのかー」

 

なんてその時は思っていたのですが…

 

今朝、Facebookの投稿でアースデーについて言及した記事を見て、よくよく調べてみると…

 

確かに昨日(4月22日)はアースデーだ!!

 

みなさん、覚えておきましょう。4/22はアースデー。

 

ちなみにサラダ記念日は7/6です。

 

さて、今回はハワイ島シュノーケリングして自然を感じてしまおうという、一日過ぎたアースデーにふさわしいお話。

 

 

 

ワイ島シュノーケリング

ワイ島の海

 ハワイの海。すごい青。海辺には金髪の美女(と、水をかけあうカップル)夕日とともに、波の音を聞きながらマイタイを飲んで、のんびり過ごす…

 

おい!!帰ってこい!!現実に!!

 

 いや、確かにそれもハワイで実現できる(水をかけあうカップルはその辺の人に頼んでみてください。チップあげればやってくれるかも)から是非やって欲しいんだけど。ハワイ島にきたら、そんな優雅にのんびりしてないで海にダイブ!!

 

 とりあえず、シュノーケリングしてみることをオススメします!!海の中には、色とりどりの魚。ハワイ島で実際にシュノーケリングして感じたことは、結構大物がいるってこと。大物というのはサイズのこと。決して梅宮辰夫的なニュアンスではありません。これ釣れたらかなりテンションあがるだろうなーってサイズの魚がうじゃうじゃいます。もちろん、色の綺麗な小さな魚や、よく探せば、ニモだっています。

 

 それから、何よりも結構な確率でウミガメが見れること。これが何よりハワイ島でシュノーケルすることのメリットかもしれません。ビーチに行けば、実際に日光浴しに岸辺まであがってきているウミガメがいたり。

 僕も、二カ所でシュノーケリングしたけど最初のビーチは岩場にあがってきているウミガメを。もう一カ所では、海で泳いでいるウミガメを。しっかりと目撃しちゃいました!!

 ハワイではウミガメを見たら幸せになるという言い伝えもあるらしい。確かにそのあと、美味しいピザ食べて、満腹なって、相当な幸せを感じた。そう考えると言い伝えは本当らしい。

 

で、一体どこでするんじゃい!!

 具体的には、僕がハワイ島でいくつかビーチを回ってみておすすめするビーチは二つ。

 

1 カハルウビーチパーク

 ここがハワイ島では一番有名なシュノーケリングスポットかもしれません。みなさん想像しているような白い砂浜のビーチ…ではなく、黒い砂に岩場が結構続くビーチです。潜ってみると、かなり遠浅で、親子や泳ぎがあまり得意じゃない人も楽しめます。少し沖のほうまで出ると珊瑚もしっかりあるし、魚の数はピカイチなのでまずはここに行くべし。

 

 しかも、ここはトイレやシャワーはもちろん。昼間の時間帯なら、シュノーケリングギアの貸し出しもあります。そこで、貸し出しを受けると海の注意点など説明してくれるオリエンテーションも有り。かなり勉強になります。しかも、借りるときに払ったお金はウミガメや海の動物の保護なんかに使われるんだそうで、払う価値あり!!

f:id:teriyaki44:20170424063029j:plain

 

 

 

 ライフセーバーもいるし、ハンバーガーなど購入できる屋台もあって、なかなかいいところ。

 

 ここではウミガメがGPSによって管理されてて、結構な割合でウミガメに会える!!実際、僕は岩場にいるウミガメを目撃!!

 

 ちなみに、道具の貸し出しをしてくれるところは、運がよければ日本語ガイドがいます。この人かなり面白い。大阪のおばちゃん丸出し。仲良くなれば、ハワイ島のいろんなこと教えてくれます。

 

[http://]

 

2 ホナウナウのツーステップ

 

[http://]

 さっきのところは浅かったけどもうちょい深いところがいい。浅い話ばっかりの男はいや、深い話ができる人がいいの。ってキャリアウーマンの皆様、お待たせしました。

こっちのビーチはかなり深めです。

 

 ホナウナウ湾のビーチなんですが、通称をツーステップと言います。実際に海にエントリーする岩場が階段のようになっていて、最初の岩場から二歩降りると夢のようなビーチが広がります。

 

 僕はここで、海に入る前に浅瀬の水たまりで泳いでいるウミガメを見て、その後、海で漂っているウミガメを発見しました。

 

 魚の数も申し分なく、泳ぎが得意だったりシュノーケルしながら潜る技術がある人はこっちのほうが絶対に楽しめます。ただし、こっちはかなり波が強いのと、やっぱり深いので泳ぎが苦手な人は気をつけてシュノーケリングしてください。

 

 あと、このビーチは周りにシャワーが見当たりませんでした。道具の貸し出しも僕が行ったときはやってませんでした。それだけ頭に入れておいてくださいね。

 

まとめ 

今回は、ハワイ島シュノーケリングスポットについて紹介しました。ハワイ島で海を楽しむなら海辺でのんびりよりも、絶対シュノーケリング。のんびりしたい人はオアフ島でやってください。

いつまで海で焼いてるだけで終わりにしてるんですか?そこのあなた。魚とたわむれましょう。ウミガメに会いにいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

オアフの美味しかったもの2つ

 どうも、teriyakiです。先ほどインスタ見てたら、中村アンがワイキキビーチでヨガをしている写真をあげていました。これはつまり、僕とアンがすれ違ったということでしょうか。運命というのは皮肉なものです。まさか、こんな幸せなハワイ島にいながらにして、自分の行動を後悔するようなことが起きるなんて。

 

 さて、今日はそんな中村アンにもぜひ参考にしてもらいたい、オアフ島の美味しかったもの5選です。勝手な5選ですので、みなさんの参考になるかどうかはさっぱりわかりません。

 

オアフで美味しかったもの5選

1、レインボードライブインのロコモコ

 

 

 ここは、間違いなく美味しい。もはやオアフにきて外すことはできません。ロコモコは、かなりのボリュームです。少食の人は頑張ってください。とりあえず、ロコモコにのっているマカロニサラダからいってみてください。感動します。こんなにロコモコにあうマカロニサラダがあるのか。

 きっと、かつてここの店で大食い野郎が悩んだんだと思うんです。俺たち毎日ロコモコ食っているけど、これって身体によくないんじゃないの?サラダとかとったほうがいいんじゃないの?って。

 でも、ロコモコに野菜のせるとか、なんかち違うし。よし、じゃあサラダという名のもの載せればいいだろってことで、ポテトサラダとマカロニサラダが候補にあがりました。で、あとはお客さんに決めてもらえばいいだけ。軍配があがったのは、マカロニサラダ。これで、僕たちもロコモコ食べながら、サラダがとれて、すごく健康的。

 

 はい、すごくジャンキーな味がして、最高に美味しいマカロニサラダ。そのあとロコモコ。ソースがからんで最高に美味しい。上にのってるハンバーグも絶品です。

 

 レインボードライブインには車でいったほうがいい!!それだけ伝えておきます。あとはググれかすしてみてください。

 

2、いやすめのスパムおにぎり

 「いやすめ」というお店があります。なんていいネーミングでしょう。ハワイに来て、たらふく飲んで、食べた胃をやすめてあげよう。そんな意味でしょうか?

 

 そこの、スパムおにぎりが結構ボリュームがあってうまい!!店内は、おにぎり、お弁当、みそ汁サーバー、カレー、豚汁。もはや日本です。僕は店内にいるとき、ここを日本だと勘違いして、レジのお姉さんが値段を$で伝えてきたことに、なんで$で伝えてくるんだろう。なんてアメリカかぶれな店なんだと思ってしまうくらい、日本です。日本が恋しくなったらここに行けばいい。

 

 おすすめはスパムおにぎり。たくさん種類がありますが、ベーコンと卵焼きとスパムで構成されたスパムおにぎりが最高です。ぜひ、食べてみてください。

 これはホノルルのすごく行きやすいところにあります。歩いていけます。あとはいつもどうり。ググれかすしてみてください。

 

まとめとして

 すいません。他にもいろいろ食べたし、美味しいものはもちろんあるんですが、もはやこの二つが印象に残りすぎて、書ききれません。

 というのは少し言い訳で、今日は寝坊したためブログがおざなりです。はい、おざなりです。

 でも、間違いなく美味しいので、庶民のみなさん!!是非、この2店舗要チェック!!セレブのみなさんは、本屋さんに行って、ハワイ本買って、すごく高くて、美味しくて、高級で、ビーサンじゃ入れないような店で楽しんでください。

 

 

 

 

ハワイ島で火山を見てワクワクする

どうもteriyakiです。昨日ハワイ島の有名な観光名所。アカカ滝に行ってきました。そこにたどり着く前、車のナビがアカカ滝についての伝説を語りだしたのです。

(現在借りているレンタカーのナビは、観光名所が近づくと急にトリビア的なことを喋りだします)

 

その話の内容を簡単にまとめると…

 

昔、この滝の近くにアカカという人が住んでいまし。そいつはとてもイケメンで、しかも身体も完璧な仕上がり。今でいうディーン藤岡でした。

そんな彼は当然のことながらモテモテ。村の女子は彼にメロメロ。(渡辺謙状態)ある日妻がいない間に、アカカは別の女性のところへでかけていきました。いわゆるゲス不倫というやつです。しかし、その日は妻の帰りが思ったよりも早く、アカカは必死に帰ります。家に帰ったアカカは病気で寝込んでいたふり(定番)などをして、妻をだまそうとしますが、妻をだまそうとしている自分に耐えられなくなり、滝に身を投げるのです。

それをなげいた妻は、滝のそばで夫の死を嘆き、泣き続け、岩になり、夫を待ち続けたそうです。それが今のアカカ滝だといわれています。

 

ん?これ、ええ話でもなんでもない!!

 

すごく簡単にいうと、ゲス不倫をした夫がいたたまれなくなって、身を投げ、それを知った妻がいろんな意味で泣き続けるという救いようのないゲスなアカカの話。。

 

おい!!ありがたみ、半減したやないか!!

 

f:id:teriyaki44:20170422050704j:plain

 

 

 そんなことはさておき、今回はハワイ島でワクワクするために火山を見に行こうって話。

 

 

ボルケーノを見てワクワクしよう

 みなさんは、火山の活動している様子って直にみたことありますか??いや、噴火の様子じゃないっすよ。ごうごうとマグマが煮えたぎり、煙が出ている火口の様子。そんな様子を近くで観察できちゃう場所があるんです。

 

その名も「キラウエア火山」

 ハワイ島の観光名所。キラウエア火山。実際に、火山の火口の様子を少し上の高台から見ることができます。

 

実際の火山の様子がこれ

f:id:teriyaki44:20170422050757j:plain

生で見る火山は、迫力満点。どれくらい迫力満点かというと、かつて世間を騒がせた騒音おばさんの2.3倍くらい。よくわかる喩えだと思います。

 

騒音おばさん知らない人は、ググれかすしてみてください。

 

ワクワクする方法は…

一番良いのは、夜行くこと

 昼間は、明るくて、火山全体の様子や周りの自然を観察することはできますが、火口のリアルな様子はわかりません。火山から煙がモクモク立ち上がっている様子を見れるだけ。

 でも、夜は違います。火口で実際に溶岩が火をあげて煮えたぎっている様子が観察できます。赤く燃え上がる溶岩とそこから立ち上る煙を楽しみたい人はぜひ夜に行ってみてください。そして彼女の耳元で彼氏はつぶやくのです。

 

「俺たちもあの溶岩くらい、熱い恋をしような」って

 

 大丈夫。車でしか帰れないし、道は暗くて、一人じゃ怖いから、彼女もそんな一言であなたの元から去ったりはしません。(火山周辺にいる間は)

 

 とりあえず夜の火山はとても暗い!道すらよく見えない。街灯?そんなものハワイ島にはありませんよ。道に取り付けられたかすかな光を放つライトだけが歩くための道しるべ。前から急に外国人が飛び出してきて「わーっっっ!!」てなることが8回くらいあります。あと、私の相方は足を踏み外し、見事にこけました。

 

 でも、あの火口の活動の様子を見るなら絶対に夜行くべきです!!地球の活動の様子がリアルに伝わってきます。

 

もっとワクワクしたい人は

 実は夜行くよりも、もっとオススメな行き方が。それは…

昼に一度火口を見に行き、溶岩のあるカラパナまで行き、もう一度、夜に引き返す。

 

という方法。

 

実は、火山周辺には溶岩が海まで流れ出している所を運が良ければ見れる場所があるんです。実際に僕が火山に行ったときはそれがカラパナという場所でした。

 

[http://]

地図でいうとちょうど右下。結構距離あります。車で1時間20分くらい。

でも、昼にいって火口を見て、溶岩目指して車を走らせ、溶岩見たあとに、もう一度帰ってくると、すべてが最高のロケーションとシチュエーションで見れること間違いなし!!

 

詳細

アクセス

 目的地を「ハワイボルケーノナショナルパーク」に設定して地図を立ち上げてみてください。ここが火口への入り口。まずはここを目指します。

 

入場料

 現在は、車一台につき$20とられるようです。国立公園入り口にゲートがあるのでそこで支払います。この値段は結構値上がりしたりすることが多いらしいので行ってみないとわかりません。

 ただし、夜や早朝に行くと係員が不在のことがあります。この時は、タダでゲートを通過できちゃいます。ラッキー!!

 

見所

①ビジターセンター

 入場料を無事に支払い、ゲートを通過すると最初にあるのがこいつ。僕が行ったときはもう閉まってましたけどね!!!時間は〜17:00まで。でも隣接するトイレは24時間使い放題!!トイレ休憩や、情報収集に立ち寄るのもいいかも。

 

②ボルケーノハウス

 ビジターセンターの道をはさんで向かいにあるのがボルケーノハウス。レストランや宿泊施設、お土産物屋があります。なんと、ここでは$3で、コーヒーとココアが飲めちゃうんです。レストランを利用すれば、火山を見ながらお酒を飲むことも可能。

 こんな所でプロポーズすれば熱い夫婦生活間違いなしですよ!!(人により個人差はあります)

 

 

ジャガー博物館

 みなさんはジャガーと聞いて何を思い出しますか?車?人?漫画?とりあえず、これはジャガーさんが作ったという博物館。ここから、火口の様子がよく見えます。

 

④ラバーチューブ

 ラバーとは溶岩のこと。溶岩の通ったあとが洞窟のようになっておりその中を見学することができます。

 

もちろんこれ以外にも見所はたくさんありますが、とりあえずこの4つは必須!!

 

まとめ

 今回は、ハワイ島でワクワクできる場所。ボルケーノの紹介でした。実際に火山を見ると、地球の神秘を感じるとともに、あそこに人かマグマ人みたいなやつが住んでいて、常に我々の行動を観測しているんではないかという不思議な気持ちにかられます。

 しかし、ヘリコプターで真上から火口を見学できるツアーもあるようです。僕の妄想はヘリという文明の利器により、あっけなく溶岩のように溶けてなくなってしまったようです。(うまく言えた)

 大富豪のそこのあなたは、ヘリツアーに参加して火口と人々を上から長め、優越感に浸るのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

『素敵な日本人』

どうもteriyakiです。今回の記事は、天才という称号が今一番似合う男だと勝手に僕が思っている、東野圭吾さんのこれ

 

 

素敵な日本人 東野圭吾短編集

素敵な日本人 東野圭吾短編集

 

 

内容紹介

まずは引用

たとえば、毎日寝る前に一編。ゆっくり、読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編。読書の愉楽を、存分にどうぞ。

引用元:素敵な日本人 東野圭吾短編集 | 東野 圭吾 |本 | 通販 | Amazon

 

勝手におおまかな内容紹介(ネタバレなし)

 もはや日本を代表する推理作家の東野圭吾さんの短編作品集。

「正月の決意」

「十年目のバレンタインデー」

「今夜は一人で雛祭り」

「君の瞳に乾杯」

「レンタルベビー」

「壊れた時計」

サファイアの奇跡」

「クリスマスミステリ」

「水晶の数珠」

の九つの短編が集録されています。それぞれの短編集につながりはなく、どれも一話完結のミステリ。

 

勝手に各話の紹介(ネタバレなし)

「正月の決意」

正月の朝、初詣に向かう夫婦が神社で倒れている人を発見して…最後に明かされる事実も、話の内容をぐっと深めてくれます。

 

「十年目のバレンタインデー」

バレンタインに再会した元カップル。一人は有名な作家。もう一人は聡明な美女。二人の会話を中心に話が進む。見え隠れする男性の下心。女性の真意はどこに。

 

「今夜は一人で雛祭り」

娘が結婚。妻を失った父親がその時思うこととは。そして、一人で雛祭りとは、どういう意味か。心温まる家族のお話。

 

「君の瞳に乾杯」

休日を競馬場で費やす男が合コンで共通の趣味をもつ素敵な女性と出会ったら。先を想像しながら読むと、最後にぐっと裏切られます。

 

「レンタルベビー」

近未来的なお話。子育てを経験するために、本物そっくりのロボットのベビーをレンタルする。種明かしがされているようでされていない。そんな結末が待っています。

 

「壊れた時計」

危険な仕事に手を染める主人公がおかしてしまった、殺人。その時におかした時計にまつわるミス。時計がとまる。いつとまる。

 

サファイアの奇跡」

神社で少女が出会った猫。 世にも珍しい猫。 神社でお願いごとをした少女。それがどんな風に結末につながっていくか。猫にまつわる不思議なエピソード。

 

「クリスマスミステリ」

少しずつ知名度をあげてきた俳優は、その関係を隠そうと大御所女優を殺そうとするも…

 

「水晶の数珠」

ある一家の父と息子の関係と、水晶の数珠にまつわる言い伝え。この二つがリンクする時、息子は父の真意を知ることになる。

 

感想

「天才」それしか思いつきません。

 東野圭吾さんのすごいところは最後のネタ明かしだと個人的には思っています。彼は本当の天才で、思考回路が普通とは違うんじゃないかといつも話のネタ明かしの際に思うんです。理系が練り練ったストーリーになぜか暖かさがこもる。そんな結末がいつも大好きで、読んだあとの満足感が半端ないんです。

 そんな作家が短編で、どうその持ち味(勝手に自分が思っているだけ)を発揮してくるのか、気になってよみましたが。やはり彼は天才でした。一遍、一遍の読後感がすごくいい。結末に明かされる意外な事実。覆されないけど、覆される、読んでる間の予想や感想。それをどう短編でやるのかもこの短編集を楽しむ醍醐味の一つかもしれません。

 

おすすめの作品

「正月の決意」でいきなりやられます。よくある内容かもしれないけど、最初に語られる書き初めの話が結末の伏線になっている。一言で言えば、「希望」につながります。

 

「今夜は一人で雛祭り」はすごく心が温まるというか。母親と娘の絆、それに気づかされる父親の視点。父と娘の関係。それを雛人形で語れるのは本当にすごい。

 

「君の瞳に乾杯」は結末にやられるお話。タイトルを深読みしないほうがいいです。素直に読みましょう。

 

おすすめする○○

おすすめする人

東野圭吾が好きな人

東野圭吾読んだことないけど、どんな内容なのって人

長編作品に飽きた人

警察小説に飽きた人

純文学も推理小説も好きな人

 

おすすめのシチュエーション

カフェでのんびりと

寝る前に一話ずつ

仕事の昼休みに一話

 

旅×

飛行機の中で、まわりが静かになってきた時に、コーヒーをもらい、読書灯をつけてゆっくり読んでみるのがベスト

 

まとめ

東野圭吾さんは本当に天才です。もはや理系には勝ち目はありません。理系でこれだけの推理小説を書きながら、文系の人間までおっと言わせてしまう。。

文系が理系人間をおっと言わせるためには、何が必要か。そんな作家はあらわれるのか。

 

どうぞ、みなさん。読んでみてください。素敵な日本人が素敵な時間を過ごすための本です。

 

 

 

 

ハワイ オアフで 船と酒に酔ってワクワクする

どうもteriyakiです。最近話題の引きずりおろし事件。ここ、平和なハワイでも発生しています。

 

f:id:teriyaki44:20170420041040j:plain

すいません、間違いました。これは私がハワイの気候と酒と芝生の優しさにやられて勝手に人生から引きずり降りたときの写真です。すいません。

 

さて、今回はオアフ島で浴びるほど飲んでワクワクしちゃう話です。

 

船と酒に酔う

その正体は…

「マイタイ船」

 なんとこの船、90分のクルーズでマイタイやビール、シャンパンや白ワインまで飲み放題なんです。

 

まぁ、簡単にいうと「すごくクレイジーな船(いい意味で)」

 

船で酔うだけでは飽き足らず、酒を飲んで更に酔う。もはや逃げ場はない。(トイレはある)あなたには飲むことしか許されていないのだ!!

 

※ソフトドリンクもありますし、決して飲酒を強要されたりはしませんのでご安心を。

 

実際に乗ってみると

待ち合わせはビーチの片隅で…

 船の出発時刻は17時30分。ちょうどサンセット前の景色のいいビーチに集合します。現在の時刻は17時15分。この時点では、まだ誰も酔っていません。

 

いよいよ乗船

 とうとう乗船予定の時刻になりました。乗組員から集合がかけられ、注意事項が伝えられます。私が聞き取れたのは、最初の「アロハ」と最後の「マハロ」だけ。急に外国人達がこぞってビーサンを脱ぎだしたので、とりあえずそれに従います。船に乗るときは少しだけ海の波打ち際を進むことになります。また船の中は、裸足です。波打ち際アレルギーの方と足の裏の皮が極端に弱い方は気をつけてくださいね。

 

 乗船すると、とりあえず座席の後ろにある隠し倉庫にサンダルとカバンを収納します。これはまさに日本の居酒屋の座席が開く形式と通ずるものがあります。

 

さて…いよいよ出発です

 そうこうしているうちに着々と整えられる出航の準備。一体どこからマイタイが出てくるのかと待ち受けていると…

 

なんと!!蛇口からマイタイが!!!!!!

 

 もはや狂気の沙汰です。船についた蛇口をひねるとマイタイが溢れてくる…今まで蛇口をひねって出てきたのは「鉄の味がする水」くらいなもんです。

 

 もしくは、「赤い水」くらいなもんです。

 

 

 それが、この船では蛇口からマイタイがですのです。こうなってくるとたまりません。仮にこの船の上でお母さんに手を洗いなさいといわれても、蛇口から出てくるのはオレンジ色した酒です。うがいもしかりです。いや、うがいはアルコール除菌という意味で効果を発揮するかもしれません…。子どもは早くから酒の味を覚え、どんどんとアルコールに依存しだします。しかも彼らがキレイキレイを使って洗ったはずの手はべたべたです。酒に酔って手がベタベタの小学生。もうお母さんも手がつけられません。

 

 いや、待てよ。その時すでにお母さんはマイタイのシャワーを浴びて身体がべたついているはずだ。そして、まさにお風呂場で浴びるほど飲んで(うまくいった)いるわけだ。そんなべろべろでベタベタのやつが我が子に「こら、あんたまずは手洗いうがいしてきなさい」なんて言うんだろうか。酒に飲んでべろべろなお母さんが子どもに手洗いうがいを強要する姿。なんてシュールな絵なんだ…

 

 すいません。話がそれました。そうです、この船の蛇口からはマイタイが出るのです。そして、人数分の紙コップに注がれたマイタイが全員の配られます。

 注)この際、もちろんソフトドリンクを貰うことも可能です。

 

 そうこうしているうちにマイタイクルーズは始まっています。陽気な音楽が流れ、サンセットな海を眺めながら気持ちのいい海の風を浴びて、船はダイヤモンドへットの近くへゆったりと接近していきます。

 

船は揺れないの…?

 気になる、船酔いですが…。船はそれなりに揺れます。スピードボートみたいにガンガン揺れることはないし、個人的にはそんなに気になる揺れではないですが。

 

酔い止めは必須

 

だと個人的には思います。僕も酔い止めを飲んでいったので、船に酔うことはありませんでした。ただ、飲んでなかったら結構つらいかも。

 

ちなみにオススメの酔い止めはこれ

f:id:teriyaki44:20170420050531j:plain

 

 

シートタイプなので、水で飲む必要なし。味も悪くないし、かなり効きます。ただし、効き目が24時間なので次の日眠くなります…。そのあたり考えて飲む時間を調整してくださいね。

 

注)もちろん薬なのであう、あわないあると思います。自己判断でお願いします。

 

そして帰港

なんやかんやいうて、マイタイ4杯とシャンパン1杯で帰港しました。時間にして90分。酒を飲んでいると90分なんてあっという間です。あとは船長と固い握手をかわし、フラフラになりながらビーチへ戻ります。 

 

基本情報

値段

一人$45

決して安くはありません…むしろ飲み放題だけで考えると割高です。

 

場所

シェラトンホテル横のワイキキビーチから出発です。詳しくは「マイタイクルーズ」でググりましょう。

 

船の概要

ヨットが大きくなったような船です。トイレはついています。それ以外のこれといった設備はありません。食べ物は一切でませんが、持ち込みをしている客はいませんでした。基本は持ち込み禁止だと思います。食べる余裕もほぼありません。

 

まとめ

 今回写真がないのは、前半は船酔いしないか緊張していて、後半は酒でべろべろになっていたためです。すいやせん。でも、ハワイにきたらマイタイでしょって人やマイタイが蛇口から出る家に住むのが夢ですっていうお父さんはぜひクルーズしてみてください。子ども連れもいたし、海風は気持ちいいし、サンセットは最高だし、ワクワクすること間違いなしですよ〜

ワイキキのビーチでワクワクする

どうもteriyakiです。現在、ハワイのオアフ島にいます。今まで「僕はデブで、のろまで、だめなやつなんだ」って思ってるそこの君「私、最近太ってきたかも」って思ってるそこのOLに朗報です。

 

ハワイにはとんでもなくでかいやつがいます。しかもたくさん。しかもそいつらがかなり楽しそうに過ごしています。

 

そんなふうに卑屈になってないで、さぁハワイへ行こうぜ!!

 

というわけで、今回はワイキキのビーチでどれぐらいワクワクして過ごせるかってやつです。

 

ワイキキビーチでワクワクする方法

朝はランニングかウォーキング

 朝一の波乗りも最高なんですが、意外に朝は涼しいハワイ。波に乗るのはもう少し後にして、まずは海沿いや運河沿いをランニングするのがハワイの朝の過ごし方としては抜群。海に向かって街を歩くだけでも気持ち良いけど、海沿いはよくドラマとかでみかけるあれ。

犬と一緒に走る金髪美女

夫婦で散歩する大きなおじさんとおばさん

SUPで優雅に朝を過ごすダンディー

サーフボードを持って歩く若造

朝一散歩だぞ健康的だろの日本人(これが私です)

こんな早い時間から肌を焼きにかかってるTバッグの女

スケートボードに乗る外国人

 

そうです。ここはロケ地かと思うほどのアメリカのドラマあるあるな光景が広がっているのです!!

 

 

 

いや、それ以上に海が綺麗。風も気持ち良い。疲れたら海を眺めてぼーっとすればよろしい。

 

f:id:teriyaki44:20170418062333j:plain

 

 

 

もしくは、朝ヨガ

ウォーキングもいいけど、そこのダルシム似のあなたには朝のビーチヨガもおすすめ。ワイキキビーチでは、いくつかのヨガ教室もあるみたいだし、参加してみてもいいし、もしくはヨガマットなんかは、ABCストアで間違いなく売っているので購入してみてください。

 

 

 

ちなみにおすすめのヨガ教室は行ってないのでわかりません。ググレ○○してみてください。

なんとなくここよさげ↓

 

yogawaikiki.com

 

昼は昼寝

昼間はしっかり暖かくなってくるので、ビーチで肌をこんがり焼いて昼寝しましょう。サンオイルもしくはココナッツオイルでも塗ってABCストアで買ったゴザの上で寝転がっているとポケモンでいう

「効果は抜群だ」

状態になること間違いなし。もちろん、目が覚めたらそこには綺麗な海が広がります。走って海にダイブする。

 

 

 

酒飲みは、ビーチサイド沿いのバーへ

昼寝もいいけど、寝る前に酒がないと寝れないよというアル中一歩手前のヘビードランカーには、ビーチサイド沿いのバーもおすすめ。特にハワイで定番のマイタイを飲むなら、ここがおすすめです。

jp.royal-hawaiian.com

 

六種類ほどのマイタイがなかなかいいお値段で押し寄せてきます。スムージーになっているマイタイや、「チョコタイ」と呼ばれるチョコの入った博多弁のやつから「バリタイ」という、「ここどこなん?」なやつまであるのでお気に召すものをどうぞ。

ちなみに私はロイヤルマイタイを飲みやした。結構きつめでごわす。

 

f:id:teriyaki44:20170418062840j:plain

 

 

昼寝のあとは波乗り

 そうです。とうとうこの時がやってきたのです。ハワイのビーチでボードを脇に抱えて海パン一丁で海に駆けていくこの瞬間が。ロン毛茶髪の日本人男性全ての憧れ。反町や竹野内豊もびっくりのこの瞬間が。

 しかし、私が借りたのはロングボード。片手じゃ持ちきれない。手が届かない。思い。長過ぎて振り返るとその辺の日本人観光客の水着のお姉さんの顔にボードをぶち当て、鼻血まみれにしてしまいそう。そんな状態に陥ったのです。憧れは所詮憧れ。幻想は所詮幻想です。

 

ボードは海のレンタル屋みたいなのがあるのでそこでいくらでも借りれます。

ファンボードで$10

ロングボードで$15

でした。

 

 そこでサーフィンスクールを常時開催していますので、初体験なそこの波乗りビギナーは行ったら申し込んですぐに体験を受けられちゃいます。常時サーフィンを教えたくてしょうがないやつらが波乗りビギナーを待っています。時間を気にせずいきましょう。

値段は…1時間で…

グループ$55

小グループ$65

マンツーマン$75

 

くらいでした。グループレッスンは人が多く集まらないと開催されないかも。少し割高です。勇気のある人は頑張って沖までパドリングして「おい、俺サーフィン習いたいんだ教えてくれないか」と言ってみてもいいかもしれません。(その後どうなったか報告待ってます)

 

まとめ

 というわけで、今回はワイキキビーチで朝から夕暮れまでどんな風に過ごすとワクワクできるかを提案してみました。ビーチなので、あれもこれもよ欲張らず、一日を有意義に使うといつのまにか日暮れです。

 なお、近いうちに、そのビーチから出発するマイタイ飲み放題のいかれた船について書いてみようとも思いますので、もはやアル中のみなさんは、首を長くしてマイタイバーで待っていてください!!