本×旅×

本×旅×

「本」と「旅」について書いています 時々「人生」について書くこともあるかもしれません

バリで猿と戯れてワクワクする

 どうもteriyakiです。留学生活のおかげで最近はさらなる浮力を手に入れつつあります。簡単にいうと太ったという意味になります。どうぞみなさん、自分が太ったと認めたくないけど言わなきゃならない時はこの遠回しな言い方使ってください。今のところ著作権は発生していませんので私にはなんのお金も入りません。

 

 今回の記事はそんな話とは全く関係ない、猿と戯れるお話です。

 

バリで猿と戯れる

バリといえば青い空と青い海。いえ、違います。
バリといえば猿。これが正解です。猿と戯れる。これを抜きにして本当のバリは語れない。じゃあどこで猿と戯れるのが一番いいかって?野生の猿は怖くないかって?バナナとかあげれちゃったりするのかって?焦らないで!!猿は逃げない。ちゃんとそこにいるよ。

どこで猿と戯れるか
実はバリには結構いたるところに猿がいます。猿はヒンドゥー教の神様としても出てきます。
ほら

f:id:teriyaki44:20170620134253j:plain

 

 

ウルワツ周辺のビーチにもいます。
詳しくはこちら参照。

 

excitinglife.hatenablog.com

 

でも、一番いいのはこちら。

 

ウブド

 ウブドといえば、バリの中でも人気の観光スポット。リゾートとして有名で、高級スパでマッサージを受けたり、ご飯を食べながらバリ舞踊を観たり、素晴らしい棚田を眺めながら朝ごはんを食べたりと、贅の極みを尽くすような場所。略してゼイキワ。

しかし、そんなウブドでワクワクしたいならマッサージでも棚田でもなくまずはここ。

ウブドモンキーフォレスト

 

 どこの中学だならぬ、どこの猿のまわしもんだって感じですが…これはもう抗いようのない事実なのでみなさん受け入れてください。猿の神様のおぼしめしです。

 

 

実際に行ってみて


 では、実際に行ってみるとそこには何があるか。早い話が猿しかいません。入り口を入る前から猿が

f:id:teriyaki44:20170620134508j:plain

 

 

 

猿が泳いだりもしています

とりあえずチケットを購入して中へ。

ちなみにチケット代は

 

Rp50000( 大人1人)

 

 中に入るとそこら中にお猿さん。とりあえず、猿、猿、猿、猿、人間、猿、猿、猿、人間、猿、猿、猿、猿、人間、猿、バナナ、猿、猿、猿、蚊、猿、人間

 

くらいの割合でお猿さんが見れます。猿たちは決して凶暴ではありませんが、注意書きによると目を合わせると襲ってくる可能性があるので気をつけてください。

「お前さっきから何ガンつけとんねん」

の世界です。あとは、カバンのふたが開いていたり、ペットボトルを持っていたりすると猿の奇襲に合うそうです。だからといって恐れる必要はありません。そしらぬ顔をしてカバンのふたを縫い、ペットボトルではなく水筒に水を入れておけば猿の奇襲は防げるわけです。

 日本のヤンキーだとそうはいきません。彼らはそしらぬ顔をしていても因縁をつけてきたり、カバンのふたをしめていてもカバンごとひったくっていったり、バームクーヘン(ヤンキーの好物はバームクーヘンと決まっている)の代わりにケーキを持っていても、ケーキをよこせと言ってくることがあります。それに比べれば猿は優しいものです。

 

 奥へ進むと寺院がありました。猿しかいないなんて言ってごめんなさい。ただし、この寺院は普段は開放されておらず中に入ることはできません。係の人によると決められた衣装をきた人しか中には入れないそうです。ちなみに猿は自由に出入りしています。

真っ裸なのに!!

 

 途中で、バナナを買うところがありそこでバナナを買うと猿の奇襲にあいます。世の中には奇襲にあいたいもの好きもいるようで、バナナは飛ぶように売れていました。せんびきやもびっくりです。

 

 何を隠そう、私ももの好きなのでバナナを購入。たしか…Rp20000くらいだったと思います。

 

 頭上に高く掲げると猿が私の身体をよじ登りバナナをひったくっていきます。なかなかスリルがあります。うまくいけば、猿が自分の肩の上でバナナを食べてくれたりします。たまにマンガで小鳥を肩にのせて移動している人がでてきますが、今回ばかりは事実は漫画よりも奇なり。肩の上に猿を乗せて移動する欧米人がここにはたくさんいます。しかし、猿はバナナを食べきると興味をなくし肩から降りていくわけです。そっけないやつです。

 

 お猿さんがバナナを食べる姿は可愛いですよ。

 

 寺院の他には特に何があるというわけではありませんが、とりあえず至る所に猿がいて、のんびりと暮らしています。中には床に木の実を打ち付けて中身を食べようとする猿も。

 

 

 何もないのに、猿がいるからこのモンキーフォレストとても面白い。なぜだかワクワクしちゃうわけです。

 

まとめ

 今回は猿と戯れられる絶好の場所、モンキーフォレストを紹介しましたがいかがだったでしょうか??この文章で魅力が伝わったかどうかは定かではありませんが…行って良かったと思える場所なのでぜひみなさんも猿と戯れるためだけにウブドに訪れてみてください。ちなみに、猿を肩にのせて出口までたどり着けた方はお知らせください。バナナ一年分送らせていただきます。

 

 

バリ クタビーチでワクワクする方法

どうもteriyakiです。リアルタイムはフィリピン留学。英語に夢中(?)でなかなかブログを書けていませんが、さぼってばかりもいられないので、更新しよう。 

 

今回はバリの定番クタビーチでワクワクする方法です。いっそ、ビーチボーイ達に甘えてしまえばいい。

 

 

クタビーチとは

 バリのド定番ビーチといえばクタビーチ。バリにきた多くの人が訪れる場所。ここは、絶好のサーフポイントとしても有名でビーチに行けばサーフィンしている人がたくさん見られます。透明度も結構高い。波が高いので、遊泳には向きませんが、ビーチチェアがあって、パラソルがあって、ビールも売ってるし、のんびりするには最高の場所。

 また、このビーチで眺めるサンセットも最高に綺麗。夕方になると観光客が驚くほどたくさん集まります。

 

クタビーチでワクワクする方法

①サーフィンする

 なんて、単純で明晰で突っ込みどころ満載の答えでしょうか。でも、やはりクタビーチはサーフィンの名所。ここでサーフィンしないなんて、551に行って豚まん食べないようなもんです。


551蓬莱CM ある時ない時おかげ様で70年編 2015年

 

 しかし、サーフィンなんて今までしたこともないのにどうすりゃいいんだというそこのあなた。安心してください。クタビーチにはもうそれは数えきれないほどのビーチボーイが居て、サーフボードをレンタルしています。そして、彼らにお願いすれば初心者でも安心してサーフィンができるポイントでサーフィンスクールを開催してくれます。

 実際にクタビーチにはサーフィン体験をしている人がたくさん居ました。周りには数多くのサーフショップもありますが、ビーチボーイに頼めば安心してサーフィンスクールしてくれるので、私としてはそっちがオススメです。

 

 ちなみにサーフィンスクールの相場はわかりませんが、ボードのレンタルは1枚70000ルピーくらいです。交渉すればもっと安くなるかも。一度サーフィンスクールを体験してあとはボードを借りて練習というのもいいですね。

 

②ビーチチェアを借りてのんびりする

 日中は日差しが暑いので、海に入るか陰で休みたい。そんな欲望がとまりません。そんな時はビーチチェアを借りて休むのが一番。クタビーチを歩いているとおばちゃんに始まり、ビーチボーイまでとにかくビーチチェアを薦めてきます。お金は1時間50000ルピーくらいが相場。イスにはパラソルも付いているので、しっかり陰になっていて安めます。固いイスではなく、ビニールのソファーのようになっているイスなので寝心地も抜群。イスで休息して、海にそのままダイブってのもいいですよ。もちろん、そこで飲み物を頼んで買うこともできます。

ビールが250ルピー

ソフトドリンクは100ルピーでした!!

 

③ビーチボーイやビーチのおばちゃんたちの仲良くなる

 うっとうしいくらいに絡むビーチボーイ。でも、彼らはとてもいい人。仲良くなるとサーフィンのポイントを教えてくれたり、カバンを見ててくれたりします。日本語がうまいビーチボーイもいるので、おすすめの店やバリのことを楽しく喋りながらすごすのもおすすめです。最終的には彼らのサービスを買うことになりますが…まぁそれは仲良くなったからの気持ちってことで!!

ちなみにおばちゃんは、アクセサリーを売っていることが多く、ビーチボーイはチェアやサーフボード、飲み物、ヘナタトゥーなどを提供していることが多いです。

 

④ビーチマッサージで疲れをとる

 ビーチにいるおばちゃんの中にはマッサージを売り物にしているおばちゃんもいます。肩まわりで500ルピーから。そこからどれくらい値切れるかは交渉力次第。私も最初は期待せずに受けましたが、実力はかなりのもの。海からあがってビール飲みながら受けるビーチマッサージは最高!!!

 

まとめ

 今回はクタビーチでワクワクする方法ということでお伝えしましたがいかがでしたか??クタビーチはうるさくて苦手なんていう人もいますけど、あの活気こそアジアの海って感じがしてハマれば本当に楽しいし、利用しやすい!!名物おばちゃんのかおるちゃん(出川さんとの競演経験有り)や泉ピン子(激似)も居ます。彼女たちを探して仲良くなるだけでも楽しい時間が過ごせます。(日本語ペラペラで下ねたも大好き…)

 普段は静かなビーチって人も、サーフィンする人も、サンセットが好きな人も、とりあえずバリに行ったら一度はクタビーチ。マストですよ!!

バリのウルワツ寺院でワクワクする

どうもteriyakiです。リアルタイムでは、本日からフィリピンで英語留学です。本日は一日目ということで、レベルテストを受けました。

 

 

 

 

全然わからなかった…

 

 

 

ほぼ、カンです。。

 

 

 

結果は見ないで食べようと思います。

 

 

 

今回はバリで、観客も巻き込んでの楽しいダンスとショーのお話

 

 バリのウルワツ寺院に行ってワクワクしよう

 東南アジアを代表する観光地バリ。そんなバリへ観光に訪れる時、必ず欠かして欲しくない場所がここ。そう

 

ウルワツ寺院

 

 ビーチに行ってもいい。買い物もすればいい。ウブドでスパに行けばいい。それも、いいけど、ウルワツ欠かすと本当にバリ、もったいない。

 

 今回はそんなウルワツ寺院でワクワクする方法を、体験談も含めてオススメします。

 

そもそもウルワツ寺院って何

 当社では、みなさんに変わってググルかすサービスを行っております。

 

ウルワツ寺院(Pura Luhur Ulu Watu)は、インドネシアバリ島バドゥン半島南西端の海岸沿いに位置する寺院で、海の霊がまつられている。11世紀にジャワの僧ウンプ・クトゥランによって建立され、16世紀に高僧ダン・ヒャン・ニラルタが増築を行ったとされる重要な寺院。晩年のニラルタはウルワツに隠遁し、解脱に達したという。

ウルワツ寺院の位置するバドゥン半島の海岸沿いは絶壁となっており、近くにはスルバン海岸がありサーフ・ポイントともなっている。ウルワツ寺院の入り口は、ガネーシャ像が脇を固めるアーチ状の門となっており、このなかでは、珊瑚の壁面一面に、バリ神話の聖獣がところせましに彫られている。内部の小院はヒンドゥー教徒しか立ち入ることが許されていない。日没時の境内で上演されているケチャ・ダンスも、その壮麗な舞台によってよく知られている。

引用元:ウルワツ寺院 - Wikipedia

 ほら、私がふざけて説明するよりこっちのほうがだいぶわかりやすい。

 

 実際に行ってみると寺院というよりも、寺院の周りからの景色がすごい!!切り立った崖の上に立つその寺院こそ、ウルワツ寺院なのだ!!

 

場所はこちら。

[http://]

 

どうやって行くの?

 もちろん、バリのどこから行くかにもよりますが、基本的に一番オススメの方法は車のチャーターです。

 

 バリでは運転手付きの車のチャーターが、安くできちゃいます。ちなみに私たちはクタからウルワツ方面のビーチを二つはしごして、最後にジンバランに寄って帰ってきました。トータル8時間。

 

 それで、Rp4000,00

 

日本円に換算して4000円かかりません。しかも、運転手だけでなくガイドも付いてきてくれました。

 

 タクシーで行くと、行きはいいのですが帰りの車に困ります。特にあとから書くように、サンセットの時間帯が一番のオススメなので、暗くなると人は多いけど、タクシーおらんしで非常に困ります。というか絶望します。寂しくて寂しくて震えます。

 

 ですので、ウルワツ方面のビーチや帰りに寄れそうな他の観光名所とセットで車をチャーターするのが一番!!

 

 ツアーに申し込むのもいいけど…値段的に見てもこっちが正解でしょ!?

 

実際に体験したワクワクする方法

①クタビーチでチャーターを手配

 まずは、チャーターの手配。バリの主要な場所なら街のいたる所で見かけるツアーデスク。ここで、車をチャーターしたいことを伝えましょう。

 時間は、昼過ぎくらい出発がオススメ。昼過ぎくらい出発で途中のビーチでのんびりしながら向かいたいことを伝えます。

 

②途中でのんびりするオススメビーチ

 クタからの話になってしまいますが、途中で我々がのんびりしたおすすめビーチは

 

①ドリームランドビーチ

 

f:id:teriyaki44:20170605194743j:plain

 なんでも大統領の息子がここを気に入り、買い取って白砂をいれたとかで結構整備されています。が!!ゴルフ場の横を通って、バスを乗り換えて目指すビーチなので、人は少なめ。

 波がめちゃくちゃ高いのであまり遊泳には向きませんが、というか危ないですが、ビーチチェアもあるので、本当にのんびりするのに最高のビーチ。海の透明度もかなり高めです。

 サーファー上級者はここでサーフィンもできます。

 

 もう一つパダンパダンビーチにも行きました。とても良い所ですが、狭いうえに人が多い。かなり有名で入るのにRp10,000が必要。猿がいて、隠れ家的ビーチで楽しい。サーフポイントとして有名ですが、ゆっくりするのには向かないかも。なんせ人が多い。

 

 なので、ドリームランドビーチでゆっくりして、パダンパダンは観光としてさらっと寄るくらいがおすすめです。

 

③ウルワツ寺院到着は17:00前後を狙う!!

 いよいよウルワツ寺院到着ですが、そこは17:00前後の時間が狙い目。サンセットが非常に良く見えて、この後のウルワツの目玉にもいいタイミングで入れますから。

 

ウルワツ寺院の入場料はRp30,000

 

  腰に布を巻いて入ることが必要ですが、なぜか私の時はひもを巻くだけで、布を与えられず、半パンで腰にオレンジの紐を巻いて入りました。

 なんだこの、子どもがドラゴンボールごっこしているみたいな格好は…。海に向かってクリリンのことかー!!と盛大に叫べとでもいうのか…

 

 

 とりあえず何事もなく入って出てこれました。

 

 そこの素敵なセルフィーをインスタに載せることに命をかけているあなた。そうです。あなたです。ノースリーブのワンピースタイプのロングスカートで西洋人ほど眩しくもないのに、頭に大きなトンボみたいなサングラスをひっかけているあなたです。

 崖の上のウルワツ寺院と沈んでいく夕日をバックにセルフィーを撮ろうとしてもうまくいきませんからね。逆光で。気をつけて!!

 

 

 

f:id:teriyaki44:20170605201927j:plain

絶景が見れます!!

 

④そして、お待ちかねケチャダンスの時間

 ウルワツ寺院に夕方に行くもう一つの理由がこれ。そうです。

 

ケチャダンス」

 

 説明しよう、ケチャダンスとはバリの伝統舞踊の一つで上半身裸の男たちが「ケチャケチャ」と声をあげ、そのかけ声の変化だけで、変幻自在に各シーンを演出するとても見所のあるダンスなのだ!!

 

 

伝わりましたか??

 

えぇ、私の説明では伝わらないのは知ってます!!じゃあどうするか。

 

ググれカスです。

 

当社では、ググれカスサービスを代行しております。

 

ケチャ - Wikipedia

 

 

 いや、ふざけている場合じゃない。このケチャダンス。男性が響かせる声に合わせてストーリーに沿って登場人物が踊りながら進んでいくダンスなんですが、これが最高に面白い。

f:id:teriyaki44:20170605202102j:plain

 

 ウルワツのケチャは、簡単にいうと魔王が姫に恋をして、さらう。その姫を白いサルが助けに行くというストーリーなんです。いや、これ本気の説明ですから!!

 

f:id:teriyaki44:20170605202211j:plain

 で、この白いサルが客をいじるいじる。途中で悪いやつでてきて客をいじるいじる。客とのコールアンドレスポンスもお手の物。

 

 本当に面白いです。ポイントは…

 

途中で一回飽きるタイミングがくるけど頑張って最後まで見ること!!

 

とにかく、これを見るとウルワツ寺院の満足度は更にあがります!!必ず、見てください。

 

で、終わったらチャーターしている車に乗って帰る。というわけですね。

 

まとめ

 今回の流れをおさらいすると

 

車のチャーター

 

昼過ぎにウルワツへ向けてゴー

 

ドリームランドビーチでのんびり

 

パダンパダンビーチを観光(猿とたわむれる)

 

ウルワツでサンセットを眺める(セルフィーは叶わない)

 

ケチャダンス鑑賞

 

車でホテルへ

 

という流れになります。

 

ケチャダンス一度騙されたと思って見てください。ホンマに面白い!!絶対ワクワクします。

 

というわけで、今回はウルワツ方面でワクワクする方法でしたー。

 

次回もバリでワクワクする方法お伝えします!

 

 

 

ジョグジャカルタでワクワクする場所5選

 どうもteriyakiです。最近、ますます雲行きが怪しくなってきました。私の国籍詐称問題。ジャカルタ人に言わせると私はバリ人ではなく、ジャワ人だそうです。その違いはどこにあるか。

 

 

顔の濃さ。

 

ちなみに顔が濃いのはバリ人より、ジャワ人。

 

 

 

 

そんなわけで、今回はジャワにある、ジョグジャカルタでワクワクする方法をいくつかまとめてみます。

 

 

 

ジョグジャカルタでワクワクする方法

①朝日とボロブドゥールを見にいく

 こちらは、過去記事を参照してください。やはり、ジョグジャではこれが最優先事項。

excitinglife.hatenablog.com

excitinglife.hatenablog.com

 

②ジープで火山を見に行く

 上の記事で書いたように、タクシーの運ちゃんにジョグジャ一日観光を頼んだら、ボロブドゥールの次に連れていかれたのがここ。

 

f:id:teriyaki44:20170602144422j:plain

 初めは、怪しげなジープと荒れ果てた山道。いかつい格好して、口元を布で覆いグラサンかけた悪そうなやつらだいたい友達風のやつらにジープに乗せられて牢屋にでも連れていかれるのかと不安でしたが、行き着いた先は火山の焼け跡が残る場所。

 ジョグジャの火山はムラピ山という火山です。活火山で、2010年や2013年にも噴火しています。その焼け跡をジープに乗ってまわるのがこのツアー。

 火山のことについて、見た目は悪そうだけどとても優しくて説明のうまいお兄さんが、ジープを運転してボコボコ道を駆け上がり、各ポイントでいろいろ教えてくれます。

 彼らは一番モテる部類です。初め怖そうに見せておいて実は優しいといういわゆるギャップ萌えの中でも最上級のテクニックを駆使します。ちなみに、初めはジャカルタの人間だと思わせておいて、実は日本人というギャップは最底辺のギャップ萌えです。

 

 とにかく、火山の焼け跡や、溶岩が実際に通った道を見るのもいい経験ですが、ジープで山道をいくのが楽しい。こんな所走るのみたいな道をゴリゴリいっちゃいます。最後は下り坂。ここはジープに立って乗ると最高に気持ちがいい。少しお尻痛くなるけど、おすすめです

 

③マリオボロ通り

 ここは、ジョグジャカルタで仲良くなって我々を案内してくれたレオが連れていってくれた場所。

 

 マリオボロ通りは、ジョグジャカルタで一番栄えている観光通りとして有名。片側にはお土産物やが軒を連ねて、Tシャツからキーホルダーまで売ってます。中には香水を理科の実験室みたいに売っている店もあって驚き。果たして中身は本当にグッチ、ケンゾーなのでしょうか。

f:id:teriyaki44:20170602144315j:plain

 

 

 自転車で引っ張る人力車のようなものもあり、これに乗って通りを駆け抜けることも可能です。土産物通りの逆の通りは、屋台や市場もありこれもまた地元感を味わえてとても楽しい。

 

 夕方からが最高の人手と盛り上がりらしいので、暑さ対策もかねて夕方以降に行くのがおすすめ。

 

④戦闘機の展示されている場所

 ここもレオが連れていってくれました、正確な場所はわかりませんが写真を見せれば現地の人にはピンとくるそうです。

f:id:teriyaki44:20170602144639j:plain

 過去に実際にインドネシアで使われていた戦闘機が展示されており、本物の戦闘機を間近というか、もはや手で触ってみることができます。

 結構な迫力。グラサンお忘れなく。こんな写真撮りたいでしょ?

f:id:teriyaki44:20170602144539j:plain

 

⑤プランバナン遺跡

 ヒンドゥー教の神様をまつる遺跡。

f:id:teriyaki44:20170602144723j:plain

 

入場料は$25だったと思います…(それか$20!!)

 

 確かに、遺跡の風格はすごいし行く価値はあるんですが…。地震の影響で修復がなされていない場所が多く、神様がまつられている場所に神様の銅像がなかったりと少しがっかりな部分も…。本来ならば、ボロブドゥールと並ぶくらいの遺跡のはずなのに…。現在修復作業中なので、早く元の形に戻ることを願うばかり。

 

 でも、世界遺産だし行けばやっぱり風格はあるので、行く価値はあります!!少しのがっかり感もまたそれはそれで楽しい。

 

 

まとめ

 というわけで、今回はジョグジャカルタのワクワクする場所をお伝えしました。これらの場所。二日あれば全て回れます。手早く見れば一日でも可能です。自分たちのプランや体力も含めて、計画してから現地の人と相談して順番を決めるのがベスト!!個人的には、ボロブドゥール遺跡とジープは本当に面白くてワクワクしたのですごくオススメです!!

 

 これでジョグジャカルタ編は終わり。次回からは、バリのワクワクする情報をオススメします!!

インドネシアでアジア最大級の遺跡を見てワクワクする 体験編

どうもteriyakiです。ホテルの近くのご飯やリピートして顔なじみ。ホテルのレストランの朝ご飯より、近くのお店。今朝、ホテルの朝食にチャレンジして確信しました。

 

で、前回の記事はこちら。

 

 

excitinglife.hatenablog.com

 

今回は、体験編です。

 

実際に体験してみた

朝4時起きの恐怖

 前日に乗ったタクシーの運転手と話をして、次の日はボロブドゥールを含む、一日ジョグジャ観光へ。ボロブドゥールと朝日が見たいという我々の要求に答えて、運転手は4時に迎えにきてくれることに。

 

 朝の4時…日本ではめざましテレビすら始まっていない時間。つまり、日本では大塚さんと八木アナと菊間アナしか起きていない時間。(個人的にこの頃のめざましテレビが私の中では全盛期です)果たして起きれるのか。不安すぎて逆に寝れない…

 

 なんとか、3時40分頃に目を覚まし、着替えてロビーに向かう。タクシーの運転手はもちろん。宿のご主人が起きて運転手にお茶を出してくれていました!!このご主人、最高に優しくてホスピタリティーの塊みたいな人なのです。バファリンの半分が優しさならば、このご主人の8割はホスピタリティーといっても過言ではない。

 

 みなさん、朝日が見たければ4時起きと目覚ましテレビが見れないことは覚悟して臨んでくださいよ!!

 

 

タクシーが着いた先は

 ホテルから遺跡までは約1時間半ほど。寝ることなく、外を眺めていると街にはすでに人があふれています。朝市の準備をする人。バイクに子ども2人乗っけて走っている人。一体どうなっているんだ、ジョグジャカルタ!!きっと彼らはみんな目覚ましテレビのスタッフ兼ジョグジャ市民なのでしょう。

 

 で、タクシーに揺られること1時間半ほど。着いた先は、山の入り口…。

 

「ん??ボロブドゥールは??」

 

と思ったのもつ束の間。なんとなく朝日が登り始めている予感を察知した嫁が早足で山を登りはじめます。

 

あ、ちなみに入山料Rp30,000(大人一人)

 

 我々が黙々と山を登るものだから後ろの欧米人も思わず早足で黙々と山を登ります。ところで、ボロブドゥールは??山を登った先に、答えがありました。

 

 山の頂上からは、朝日が登る方向に見えるボロブドゥール。

 

つまり、ボロブドゥールから見る朝日ではなく、ボロブドゥールと朝日を眺める場所だったのですね。

 

 

やるな運転手!!こっちのほうがいいじゃねーか!!

 

 というわけで、欧米人の夫婦と黙々と挨拶すらかわすことなく山を登ること10分程度。広がっていたのは、こんな光景。

 

f:id:teriyaki44:20170529114447j:plain

 

いや、そこの君。遺跡に霧がかかって見えないとか言わない。

 

そうこうしているうちに朝日が昇ります。

 

f:id:teriyaki44:20170529115226j:plain

言いたいことはわかります。

 

 

どっちにしろ遺跡がよく見えない

 

 

ほら、写真でいうと右のほうに、あるでしょ??うん見える。大切なのは、見えると思う気持ち。トゥリマカシー。

 

というわけで、朝日を拝む場所にはこんなベストセルフィーポイントも。

 

f:id:teriyaki44:20170529115531j:plain

ちなみに、これが遺跡が見える場所とは反対側にあることはご愛嬌。トゥリマカシー

 

次は遺跡だ

 朝日を堪能して下山して再びタクシーに乗り込みます。ここから10分ほど車で走ると遺跡です。

 

 遺跡に到着。入り口は2カ所。一カ所は、インドネシア住民。片方は、海外の観光客。当然値段も違うことでしょう。

 

 とりあえず、我々の値段は$25

 

 チケットを購入して、中に入るとまずはコーヒーか紅茶か水を無料で提供されます。いきなり休憩!!早まるな、遺跡は逃げないとのメッセージでしょう。

 

 そして、遺跡に向かいます。見えてくるのは…

f:id:teriyaki44:20170529121124j:plainなんとも素晴らしい眺め。

 

 

階段を一段ずつ登り、各階ごとにじっくりと見ていきます。

壁に書かれたブッダの生涯。ブッダ像。壊れている部分もまた味がある。

 

f:id:teriyaki44:20170529121512j:plain

 

 遺跡には多数の観光客が。欧米人もいるのですが、特に目をひくのは現地の子どもたち。遠足?修学旅行? とりあえずたくさんの中学生か高校生がとてつもなく楽しそうに観光そっちのけでセルフィー撮りまくり。

 

 しばらくすると、意を決したように我々のもとに近寄ってくる中学生らしき軍団。どうやら写真を撮って欲しいらしい。しかし、手にはセルカ棒。

 

「お前のそのセルカ棒は何のためにあるんじゃい!!」

 

と思っていると…

 

一緒に写真を撮って欲しいらしい。

 

 

 

 あーとうとうこういう日がきたか。最初に魅力に気づいたのはインドネシアの中学生か。そうかそうか。確かに俺、東南アジア顔だもんな。ブームはインドネシアから。いいじゃないか。それもまたおもろい。

 

 共に写真を撮ると、嬉しそうに握手までもとめてくるではないか。いいぞ。よきにはからえ。

 

 

 ふと、後ろを見ると先ほどの中学生たちが違う欧米人と写真を撮っているではないか…

 

 

 

 

誰でもいいのか!!都合のいい男なのか、俺は!!

 

 

 よく観察すると、至る所で現地の子どもたちが海外からの観光客と共に、写真を撮っています。現地の子どもたちからすると珍しいのでしょうね。外国人。この後も声をかけられる、かけられる。

 

現地の女の子と写真を撮ったり、親からうちの子と写真を撮ってくれと頼まれたり。

 

 

うん。悪い気はしないよ!!

 

 

というわけで、日本のみなさん。遺跡に行くと写真攻めに会います。できるだけおめかししてお出かけください。

 

 

そんなこんなで頂上につき、ストゥーパを見学して遺跡観光は終了。

f:id:teriyaki44:20170529122748j:plain

 

出口に向かうと…

 出口から出ると、お土産物が所狭しと並んだ道が延々と続きます。驚くほど長いです。Tシャツ。木彫りの何か。そして石臼…

 

 長くて長くて、途中でめいりそうになります。もうお土産買うから早く出してくれここからってくらい続きます。しかし、あきらめなければ道は開ける。長い長いお土産物屋通りをくぐり抜けるとそこは…

 

まだ、お土産物屋が広がっていました。

 

はい。決して雪国ではありません。ここはインドネシアですよ?

 

 

というわけで、このお土産物屋通りも含めてボロブドゥール遺跡。覚悟してください!!

 

まとめ

 というわけで、今回はボロブドゥール遺跡体験編です。実はこのあと、タクシーでの観光はまだまだ続くのですが、それはいつか別の記事で。

 

 ボロブドゥール遺跡。壮大な眺めと、一つ一つの遺跡のできばえに感嘆の声をあげながら、現地の人とも楽しく触れ合える素敵なワクワクスポットです。バリにしか行ったことのないそこのあなた!!是非行ってみてください。

 

 

インドネシアでアジア最大級の遺跡を見てワクワクする 基本情報編

どうも世界一周中、ワクワク追求夫婦の旦那のほうteriyakiです。

 

 外国人には、折り紙で折る鶴が好評だから、仲良くなりたい時やお世話になった時にあげると効果的。これはもはや自明の理であり、世界へ出る者の持っていくものランキングの上位に組み込むこと間違いなしである。そんなこんなで私も当然のごとく折り紙を持ってきているが、あることに気づいた。

 

 

 

 

 

 

鶴の折り方がわからない…

 

ということで、紙飛行機でごまかすか、鶴の折り方を取得するかが最近のもっぱらの悩みです。えー世界に出ても、悩みなんてそんなもんです。言いたかったのはここの部分ですよ。

 

 

 

 

 では、いきましょう。今回はインドネシアにあるアジア最大級の仏教遺跡のお話

 

 

 

 

その遺跡とは

 みなさん。アジアの遺跡と言えば何を思いつきますか?一番にパッと出てくるのはカンボジアの「アンコールワット」かもしれません。しかし、侮るなかれアジアにはまだまだ見所十分の遺跡が存在します。そして、バリで有名なインドネシアにも、アンコールワットと並ぶ、アジアでも大きな遺跡があるのです。

 

 

その名も…

 

ボロブドゥール遺跡

 

f:id:teriyaki44:20170528143428j:plain

 

 

 

 

 

 いろいろと紹介していきたいところだが、私は、このブログを書きながらこの遺跡が抱える問題点を発見してしまった。現地に居たときには気づかなかったことである。まさに灯台下暗し。もう少し早く気づくべきだった。この遺跡…

 

 

 

 

 

カタカナでパソコン入力しづらい…

 

 

 

 みなさん、試しにこの糞ブログを閉じて、自分のパソコンのメモ帳を立ち上げて「ボロブドゥール」とタイピングしてみてください。

 

ほぼ大多数の人が「ドゥ」の所で苦戦を強いられるはず!!

 

 

 

 

 

 さて、話を戻そう。インドネシアにある、世界最大級の仏教遺跡であるボドブドゥール遺跡(やはり打ちにくい!!)であるが、その概要に関してはググれかすしてみてください。インドネシアには仏教徒は少なく、そのほとんどがイスラム教徒やヒンドゥー教徒であるにも関わらず、なぜボロブドゥール遺跡があるのかなど、調べてみると面白い話がたくさんでてきます。

 

ヒンドゥー教も打ちづらいぞ!!

 

 

どこにあるの?

 そう。観光地として有名なバリにはボロブドゥールはないし、首都であるジャカルタにもない。一体、インドネシアのどこにその遺跡は存在するのか。

 

ジョグジャカルタである

 

 なーんや、ジョグジャカルタって名前似てるし、ジャカルタから近いところにあるんやろ?と思ったそこのあなた。あなたのIQは残念ながら私とほとんど変わらないらしい。

 

 なんと首都であるジャカルタジョグジャカルタは遠いのだ!!飛行機で1時間。列車で行くと8時間ほどかかるのである!!単純な脳細胞で簡単に考えて、とりあえずボロブドゥールに行きたいからジャカルタに行こうと考えてしまった私は、飛行機の券をとり、ジャカルタに宿の手配をしてからそのことに気づいたのである!!

 

 ちなみに、バリからも飛行機で1時間程度で行けるので、バリ観光から一日足を伸ばしてボロブドゥールへってのもあり!!そういうツアーもたくさん組まれています。バリとは全然違ったインドネシアの雰囲気が味わえるのでいいっすよ。

 

 

行き方は??

 まず、行き方ですが基本的には日本から行く場合、ツアーに申し込んで行くのが一般的。ジャカルタを経由して、ジョグジャカルタに飛行機で到着。その日は、ホテルでゆっくりして、次の日の朝からボロブドゥール観光へというのが一般的な流れだろうか。

 他にも方法はいくつかある。

①現地でツアーに申し込む

 ジョグジャカルタの市街地(マリオボロ通りなど)に行けば、ボロブへのツアーはたくさんあるので、現地でそれに申し込むのも一つの方法。おそらく、安く抑えようと思えば、日本でツアーを申し込んでいくよりもこちらのほうが安く行ける。

 

②現地で運転手つきの車を手配する

 日本では、運転手付きの車なんて本当の富豪か芸能人が乗るものであって、一般庶民には縁のない話である。しかし、インドネシアでは割安で運転手付きの車が手配できる。日本から申し込んで行くことも可能だし。現地の街やホテルのツアーデスクに行けば、安く手配してくれる。はっきりした相場はわからないが、私が聞いた話ではホテルからボロブドゥール往復でRp250,000。日本円にして、2,500円にいかない値段。ボロブドゥールには簡単に入れるし、中は個人で好きにみてまわれるので団体で行くなら賢い選択かもしれない。

 

③タクシーの運転手と交渉する

 僕たち夫婦はタクシーの運転手と交渉して、ボロブを含むジョグジャカルタの見所へ連れて行ってもらう一日貸し切りをRp600,000(日本円で6,000円いかない)でお願いした。たぶん、交渉次第ではもう少し安くすることもできると思う。街まで行くのがめんどくさければ乗ったタクシーの運転手と交渉してみるのも一つの手。これも、ボロブまでの往復だけならRp250,000くらいで可能みたい。

 

値段は??

 ボロブドゥールの入場料は

 

大人$25

 

を現地ルピーでその日のレートで支払い。子どもは半額くらい(?)だった気がする。学生は割引もあるみたい。

 

 正直、結構高いです。チケット売り場は、現地の人用と海外旅行者用と分かれていますので、間違えないように注意が必要。

 

見学に必要な時間は?

 これに関しては人それぞれだけど、個人的な感覚でいうと結構入念に見て回っても3時間くらい??

 遺跡自体は、そんなに大きくないし、一カ所しかないので登って降りてするだけなら1時間くらいでも十分見れます!!あとは、どれくらい遺跡に興味があってより濃い内容を求めるかによるかもしれません。

 ただ、一日がかりで見学するとなると少し時間があまりすぎて、もーえーわ。って鳴る可能性はあります。なので、見学の時間として想定するなら長くても半日くらいですかね。(見終わった後、休憩したり、お土産物屋で絡まれたりする時間も想定に含む)

 

まとめ

 さて、今回はボロブの基本的な情報について書きました。次の記事では、実際に我々がタクシーをチャータして見学に行って体験したことを書こうと思います。ボロブに行くと、アイドル気分を味わえるかもしれないなんていう、AKBのオーディションを落ちたそこのあなたにうってつけの情報もあるので良ければチェックしてください。

 

※途中からボロブドゥールをボロブと省略してしまいました。ジョグジャカルタも、みんなジョグジャと略していたし、いいかなという甘えた心と、「ドゥ」をタイピングする煩わしさが原因です。世の中の略し言葉が嫌いなおじさま、おばさま本当にごめんなさい。

 

 

バリの現地の物がなんでも揃う場所でワクワクする

どうも世界一周中。ワクワク追求夫婦。旦那のteriyakiです。

 

 昨日、サーフィンを終え、ペットボトルの水をがぶ飲みしていたら、それ水道水やから飲めないと嫁に告げられ、慌ててビールでアルコール消毒をしてみました。結果的には大丈夫でした。みなさん、いざとなったらアルコール消毒。これ海外の基本です。

 

 そんなこんなで、今回はバリの物なんでも揃っちゃう、現地のスーパーマーケットのお話。

 

 

バリにあるスーパーマーケットに行ってみた

 

 現在泊まっている、クタ地区の「バクンサリリゾートアンドスパ」(リゾート感満載のホテルですが、実際は一泊1800円くらいのホテルです。でもいいところ。)から徒歩5分の所に、スーパーマーケットがあるということで覗いてみることに。

 

入り口がすごい

f:id:teriyaki44:20170526134250j:plain

 果たしてスーパーにこの動物園みたいな入り口は必要なのだろうかという疑問。ちなみに、写真はありませんが入り口には警備員が立っていて手荷物検査と、空港にある金属探知機みたいなやつが行われています。

 おそらくこのスーパー、かつて何度もスーパー強盗(決してスーパーな強盗という意味ではなく、スーパーを強盗するという意味)にあい、大切な食料品であるスイカやトマト、コーラやトイレットペーパーまでも奪われるという痛い目にあったのでしょう。

 

野菜売り場の衝撃

f:id:teriyaki44:20170526134712j:plain

 スイカの安さ。尋常じゃない。日本円にごく単純に換算すると、だいたい10円くらい…。(100グラム)隣にあるのはメロン。メロンといえば、日本じゃ高級品。メロンを半分に割ってそこにスプーンを差し込んで食べるなんて富豪にしか許されていない遊びなのに、バリではみんなできちゃうわけです。

 

 当然、他の野菜も安い。インドネシア人が日本に来て衝撃を受けることベスト3には、必ずといっていいほど、「野菜が高い」ことが入るらしいです。

 

アルコール売り場へ

 お母さんは野菜の安さに興奮している間に、お父さんが気になるアルコール売り場へ。

f:id:teriyaki44:20170526135224j:plain

 

 インドネシアでよく飲まれているビールは「BINTANG」です。

 

 

 もちろん、ハイネケンスミノフなんかも取り扱っています。値段はというと…

 

BINTANGの缶ビールがRp17,990=約¥160

 

 ハイネケンは見逃しましたが、日本で買うよりは断然安いはず。ちなみにビーチでビールを買うとだいたい230円くらいなので、断然スーパーのほうが安い!!誤って水道水を飲んでしまった時のアルコール消毒のためにも買いだめしておきましょう。

 

独り身にも安心

続いてやってきたのは、ここ

f:id:teriyaki44:20170526140022j:plain

 

 大量のインスタントラーメンコーナー。もはや、海外どこの国へ行ってもインスタントラーメンとカップラーメンは売ってます。これで独り身のあなたも安心。

 

もちろん、我らがカップヌードルもございます。

 

f:id:teriyaki44:20170526140517j:plain

値段は、Rp79くらい。円換算すると70円くらいでしょうか。

 

ハイライトでどうぞ

 一つ一つ見ていくとキリがないので、ここからは写真と共にハイライトでどうぞ。

f:id:teriyaki44:20170526140804j:plain

インドネシア料理とはいえ、最後の隠し味は日本と一緒。

f:id:teriyaki44:20170526140902j:plain

 これはベトナムで有名な「うんちコーヒー」マングースがコーヒーの実を食べ、そのうんちを焙煎して飲むというベトナムで有名な高級コーヒーですね。オーガニックとはよくいったものです。

地産地消の意味が変わってきますが

 

f:id:teriyaki44:20170526141139j:plain

f:id:teriyaki44:20170526141239j:plain

 日本でもおなじみの飲み物たち。ポイントは日本より安いところ。

 

f:id:teriyaki44:20170526141403j:plain

なんてこった!!ティムタムがオーストラリアより劇的に安いじゃないか!!

 

f:id:teriyaki44:20170526141516j:plain

なんてこったオレオの種類が日本より豊富じゃないか!!!

 

f:id:teriyaki44:20170526141623j:plain

f:id:teriyaki44:20170526141720j:plain

f:id:teriyaki44:20170526141811j:plain

f:id:teriyaki44:20170526141854j:plain

 日用品も、傘もほうきもなんでも揃います。これぞスーパーマーケットのスーパーたる所以。

 ちなみに、炊飯器や水のタンクなどもはやヤマダ電機もお手上げな品揃えです。対抗できるのは日本ではドンキホーテくらい。

 

 

更に!!

f:id:teriyaki44:20170526142148j:plain

 バリっぽいシャツ。なぜかサイズ感はかなり大きめ。XXLを中心とした品揃えです。巨漢の欧米人を狙い撃ちです!!ちなみに値段はRp789,00 日本円に換算したい時は0をふたつ消せばだいたいの値段がわかります。

 

f:id:teriyaki44:20170526142333j:plain

 女性も心配することなかれ。バリっぽい服、ここで手にはいります。その他Tシャツをはじめ、バリのお土産に最適な服はすべてここで手に入ります…。

 

まぁ、僕は買いませんが!!

 

 服だけでなくお土産もたくさん売っています。気になるお土産をいくつかあげてみましょう。

 

f:id:teriyaki44:20170526142719j:plain中指を立てている猿。

 

 

 

 

f:id:teriyaki44:20170526142827j:plain

 

なぜか、まぎれていたキリスト。

 

f:id:teriyaki44:20170526142920j:plainここから先はみなさんのご想像にお任せします。ちなみに、これを見て現地の若者たちは最強にはしゃいでいました。栓抜きがついています。

 

その他のスーパーなところ

エスカレーターの構造を勉強できる

f:id:teriyaki44:20170526143131j:plain

 

2階へ続くエスカレーターはなぜかスケルトン。構造をお勉強できるようになっています。

 

持ち運びのカートはひきずる方式

 これは本気で便利!!カートは引きずる方式です。

f:id:teriyaki44:20170526143459j:plain

 

2階は服屋 3階は子どもの遊び場

 1階にも相当な量の品揃えの服が並んでいるのにも関わらず2階は売り場面積の全てをさき、服を売っています。

 また、3階は子どもが遊べるスペースが確保されています。中にはいってトランポリンで飛び跳ねる、子どもが最強に狂って遊ぶ定番のあれもあります。

 

まとめと情報

 今回は、バリにあるスーパーについてお話しました。ここにいけば本当に必要な物はなんでも手に入ります。しかもお手頃な値段で。日本とは違った売り方をしてあるもの。日本とまったく同じ物。日本よりも安くて高性能な物。いろいろあるので、うろうろしてみるだけでも面白い!!是非、みなさんもバリのスーパーでワクワクしてみてください。

 

情報

 名前:Hardys

 所在地:Jl. Raya Kuta、Kuta、Kabupaten Badung, Bali、インドネシア

 営業時間:8:00~22:00

地図

[http://]