読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクを追求する夫婦のブログ

ワクワクを追求する夫婦の二人が、日々ワクワクしたことを「旅」「本」を中心に発信。

ルーティーンを身につけて自由な人生を送る

tips ワクワク

どうもteriyakiです。今回は前回の続き、ルーティーンのお話です。

 

あ、ルーティーンってなんやねん。とか、ルーティーンって何がええことあんねん。て人は、前回の記事をどうぞ!!

 

excitinglife.hatenablog.com

 

ルーティーンを身につける際の注意点3こ

①量も質も欲張らない

 良いルーティーンを身につけようと思うとどうしても最初からはりきりすぎてしまうもの。よくあるパターンは、同時にいくつものルーティーンを身につけようとして、結局時間がなかったりやる気がなくて全てが中途半端になってしまうやつ。できれば一回で身につけるルーティーンは1つ。だいたい一ヶ月あれば身に付くのであまり焦りすぎず、欲張らないことが大切。

 また、一つのルーティーンの質を欲張るのも危険。「毎日20キロ走る」とか「英語を5時間勉強する」とか、いきなりかなりハードルの高いルーティーンを設定する人がいます。そんなのどう考えても3日で終わり。ハードルの高すぎるルーティーンの設定もyはめましょう。こつこつとルーティーンを積み上げていくうちにいつの間にか、すごいことになってたってのが狙い目。

 

②完璧主義にならない

 完璧なんてこの世にない。そう。明日は何が起きるかわからない。いい波がきたり。目の前ですごい美人が倒れたり。美人にご飯に誘われたり。イケメンから飲みに誘われたり。倒れたおばあさんを助けたら娘がすごく美人だったり…。

 

 とにかく何が言いたいかというと完璧にやろうとしないということです。一日くらいさぼっても次の日からまたやればいい。三日坊主上等です。

 ワクワクするお誘いを断ってまでルーティーンをやりとげるなんて本末転倒。また、決めた時間をできなかったら「できない」と考える人が多いけど、それに取り組めたことを評価するべき。

 ワクワクする人生には「完璧主義」は似合いません。

 

③気合いとかのせいにしない

 よく聞く言葉。「僕は持続力がないから」とか「お前は気合いが足りないんだー!!」「根性なし」とかは、全てルーティーンを身につける際は排除しましょう。

人ってのは、変化が嫌いな生き物。だから新しいルーティーンを身につけるとき、誰でも最初は心が拒否するもんなんです。それを「根性」とか「気合い」とか言ってたら、絶対身に付かない。ちゃんと仕組みを理解して、できたことだけに目をむけていくことがルーティーン定着への近道です。

 

ルーティーンの身につけ方

①身につけたい習慣を決める

 まずは、身につけたい習慣を決めましょう。「毎日ブログ書く」とか「毎日トレーニング」とか「英語の勉強」とか定番のものから「きゅうりの漬け物を毎日食べる」とか「毎日ほふくぜんしん」みたいなきわどいやつから、「毎日あの子の家の前に行く」とか「あいつに毎日ウィンクする」みたいな完全に引かれるやつまで。とにかく一つ身につけたいことを決めましょう。

 今の自分のワクワクに素直になって、まずはやりたいことを習慣にしてみる。これが一番です。ルーティーン化が身体に染み付いてくると少し身につけづらいものもいけるようになってくるので、まずはワクワクするルーティーン一つ探しましょう。

 

②スモールステップから段階的に考える

 上でも書いたように、いきなりすごいことルーティーンにしようとしてもうまくいかない。まずは、「どれだけ忙しくてもこれくらいはできるやろ」というスモールステップを設定してみることが大切。

 例えば、「毎日英語の勉強」と決めた人は、「単語一つ5回書く」くらいから始めるのがベスト。

 「毎日走る」人は、とりあえず「毎日ランニングウェアに着替える」とからがベストかも。

 で、それができたらどうしようっていくつかの段階に分けて考えること。とにかくまずはスモールステップ考えておきましょう。

 

③生活のトリガーをセットする

 みなさんの生活にはすでに身に付いているルーティーンがあるはず。代表的なのは「歯磨き」とか「朝のトイレ」など…

 こういうすでに身に付いている習慣や、毎日絶対しないといけないこと(仕事の行き帰りの電車に乗るやお風呂に入るなど)と新しく身につけたいルーティーンをセットにすると身に付きやすい。

 例えば、「英語の単語5回唱える」を身につけたい人は「通勤の行きの電車」とセットにするとできちゃうわけです。まあ当然、周りの乗客からは「こいつなんやぶつぶつ言うて」となるけど、大丈夫。

 歯磨きしたらストレッチみたいなのもいいですよね。

「これしたら、次これせな気がすまん」

という状態になったら勝ち。

 

 だからそのルーティーンをいつして、何をそのルーティーンのトリガーにするか、考えておきましょう。

 

④ごほうびを決める

 よくあるのは罰を決めるパターン。でもそれってワクワクしないからだめ。むしろ一週間このルーティーンしたら、美味しいケーキ食べるとか。一ヶ月やりきったら焼き肉とか。ごほうびがあれば人は頑張れる!!

 だから、ルーティーンを決めたら必ずご褒美を決める。これは鉄則!!

 

⑤チェック機能を作る

 毎日そのルーティーンができたかどうかをチェックすることが必要。その際、必ず無意識でも見える場所に印をつけるような仕組みが大切。

 リビングのカレンダーに○をいれるとか。できた日はそれに関連するものが、玄関に置いてあるようになる仕組みを考えるとか。

 とにかく、目で見て自分の頑張りが確認できる仕組みを整えることが大切。

 

 あと、決して×をいれてはいけません。できない日は気にしない。できた日は成果が見える。それがルーティーンの鉄則。

 

⑥実行する

 ここまできたら実際に実行にうつす!!こころがけることは「少しを毎日」絶対に無理は禁物。

 最初の一週間は、とにかくスモールステップで。もう少しやりたところで我慢しておく。

 次の一週間は、少しハードルをあげて。あげすぎは禁物。

 ラスト一週間は、ごほうびを常に頭に思い描きながら。ここが一番の勝負所!!気合いだー!!

 

こうやって三週間ぼちぼちやれば、ほぼ身に付いたも同然。最後の一週間は少しハードル落として、しっかりとした定着をはかってください。

 

まとめ

 さて、ルーティーンの身につけ方を書いてみたけど、どうでしょう??毎日やることが決まっていると、自由じゃないような感じがする人は多いかもしれないけど、逆にルーティーンがあると、自由な時間をしっかり確保できたり、そのルーティーンで気持ちが高揚して他のことにも前向きに取り組めたり。実はルーティーンは人生を自由にさせるツールです。みなさんも、興味のある分野から身につけて、五郎丸のような安定した生活を送ってください!!

 

日々の生活をルーティーンで乗り切って自由になろう パート1

tips

 どうもワクワクを追求する夫婦のteriyakiです。みなさんは、日頃の習慣てありますか??歯磨きにはじまりストレッチとか、瞑想とか…。今日はそんな習慣の話。

 

そもそもルーティーンて何?

 ルーティーンと聞くと最近では五郎丸かな。(少し古い?)あれは自分の中で心を落ち着かせるためにやるべき動作を決めておいてそれを儀式的に行うことでいつも通りのプレーができるためのものなんですが、そういう何かを行う前の動作だけでなく、要するに日常生活の中で「習慣」と呼ばれているものをここではルーティーンとして考えてみます。

 上に書いたように歯磨きもルーティーンだし、毎日寝る前にストレッチとか、朝に薬飲むとかもルーティーンと呼べるわけです。

 

じゃあ何がいいことあるのん??

 大切なのは、ルーティーンの効能というか効果ですよね。習慣が大切とかルーティーンを持つことが大切なのはわかってもそれによってどんな効果があるのかが大切なところ。

 では、いきましょう!!ルーティーンによる効能と効果

 

①ルーティーンで心が落ち着く

 ルーティーンを持つことにより、それを行えば心が安定することになります。人は変化を嫌う生き物なので、毎日同じことをするのが心の安定には一番。ところがもちろん、毎日全く同じ行動を積み重ねるなんてことは実質不可能なわけです。そんな時に、いくつかのルーティーンがあれば、少しくらい慌ただしくても、疲れていても、そのルーティーンによっていつものペースを取り戻すことができちゃうわけです。

 

②ルーティーンを積み重ねることこそ、物事がうまくいくコツ。

 何かを成し遂げようとするとき、一日ではどうしようもできないことって多々ありますよね?例えば、英語の学習なんかは一朝一夕で身に付くものじゃない。そう。何かを成そうと思えば、毎日の積み重ねが大切なのです。そんな時に、やるべきことをルーティーン化しちゃえば、毎日の積み重ねもそんなに苦しむことなく継続していけちゃうわけです。しかも、毎日の取り組みが気持ちを安定させるとなると一石二鳥っすね。

 

③ルーティーンが別の行動のトリガーにもなる。

 例えば、毎日しているルーティーンがある人は、それをトリガーにして新しいことを始めたり、今日やるべきことのきっかけにすることができちゃうわけです。

 例えば、みなさんも歯磨きくらいはルーティーン化しているはず。たまにこんなこと考えることないですか?「歯磨きしたら、○○やろう」…

 これはいわゆるルーティーンをトリガーにして新しいことに挑戦している一つの例。

だから、みなさんも新たなルーティーンを身につけると、それをトリガーにして何かに取っ掛かるきっかけになるということ。

 しかもルーティーンをした後は心も安定しているので、スムーズに物事に取り組めて集中力も長続きするってなもんですよね。

 

まとめ

 今回はルーティーンを作ることの効能や効果について書きましたがいかがだったでしょうか??ルーティーンのいいところはわかったけど、どうやってルーティーンを身につけるねんというのが、やはり一番気になる部分。次回はそんなルーティーンの身につけ方について書いてみようと思います。

 ちなみにこのブログも僕のルーティーンの一つ。このブログ書くと、次の行動に気持ちよく取り組める気がするようなするような。

 

 

 

旅行準備で車を手放した話

teriログ

どうもやりたいことを追求する夫婦、旦那担当のteriyakiです。最近はもっぱら世界一周熱が高まりいろいろと準備に余念がない。(自負)

もちろん、「ルート計画」「持ち物の準備」なんていうことも大切。だけどやはり身の回りの整理をしていかないことにはなかなか一年間の世界一周には出れないからね。いろいろあります。やることが

で、最近の一番のビッグニュースといえば車を手放したこと。車検が1月末できれる。でも、出発は5月。通勤にも車を使うし…といろいろ考えた結果。やっぱり手放しました。

別に車を置いていくという選択肢もあったんだけどその間の維持費や、場所のことも考えたりするとやはりどうももったいない。長いこと乗っているし、帰ってきてからの変化のためにも車は手放そうと決めた。

それにしてもよく走ったな〜。結局六年乗った。人生で初めての車だったので感慨深いことこのうえなし。未だに買いにいく日に電車の中で「そうか、これからは電車に乗らなくても結構どこでも行けちゃうんや。俺すげー」って思ったことを覚えている。仕事早く切り上げて、向かったディーラー。帰りは高速に乗って帰ってきた。寄る必要もないのにパーキングエリアに寄って家族にお土産を買った。いまだに思い出す。

父を乗せてドライブした日も結構感動した。今までは父の車に乗る側だった人間がとうとう父を車に乗せて出かける日がきたかと思うと感慨深かった。母親を乗せて母親の実家の鳥取まで3時間かけて行った日もあった。

一応助手席には何人かの女性も乗った。買ったときは助手席にいたのはkeru(今の嫁)とは違う女性だった…。あんまり思い出書くと怒られそうなので割愛。

ただ、もちろん助手席に乗った回数がダントツに多いのはkeruだ。付き合い始めの頃は、車で職場まで迎えに行ったり(といっても向こうも車持ってたから二人でそれぞれの車を運転してご飯食べにいったりしてたんだけど…)いろんな所に旅に出たり、買い物はいつも車。コストコで大量の荷物を乗せて帰ってきたりした。

車の中で寝たこともある。サーフィンに行った日。車の中で熱にうなされながら寝た日。車で寝るのが好きだった。

通勤も車。職場までいつも車で音楽を聞いた。生徒を乗せて走ったこともある。家庭訪問もだいたい車でいった。

あ〜書いているといろいろ思い出す。泣きそうだ。最後はぶつけるのも気にならないくらい傷だらけだったけど…でもあいつは一度も自ら故障したり不調に陥ったことはなかった。ホンマ健気で運転手思いの車。

 

何回車って書いただろう。こんなにブログに車って書くのは、アイルトンセナと僕くらいのもんだろう。いやセナの場合はcarか。どうでもいい。

ありがとう。カローラフィールダー。いつまでも君は僕の胸の中に。

というわけで、車を手放しました。寂しいけれど、これは世界一周のための大きな一歩。励みにして強く踏み出す。

 

ピピ島で最高にワクワクする方法

ワクワクリスト 旅のワクワク

どうもteriyakiです。青い海、白い砂浜。透き通るような水の中には、綺麗な色をした魚たち。今回はそんなピピ島ツアーで最高にワクワクする方法です。

 

ピピ島のワクワクポイント

①海が驚くほど綺麗

みなさん、海の色って何色を想像しますか?海って青い。そんなイメージを覆すのがピピ島周辺の海。エメラルドグリーンのような色をしていて最高に海が綺麗です。この海にはなかなか日本では、いやもちろん海外でも簡単に出会うことはできません。この海の色に度肝抜かれること間違いなし

②魚の量

実際にそんな綺麗な海でシュノーケリングすると、その魚の量に本気で驚かされることになります。浜辺からそんなに離れたところじゃなくても、ツノダシなどの綺麗な魚がうじゃうじゃ。いろんな大きさのいろんな種類の魚がたくさんいて、シュノーケリングが最高に楽しくなること間違いなし。そんな魚がエサを手にもって海にはいるとどんどん寄ってきてすごいことに!!ある意味、この絶景はダイビングでは見られないシュノーケリングだからこそ見られる光景かも。

③猿も見れちゃう

ピピ島のツアーにはたいてふくまれているモンキーアイランドへの寄港。野生の猿ががっつり生息している島に寄って去ると戯れることも可能です。まあ野生の猿なんであんまり無茶はできないけど、猿と綺麗な浜辺で記念写真はここだけかも!?

④映画『ザ・ビーチ』の舞台を見学

あのレオナルドデカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台となったのがこのピピ島。そう、あの映画の海を実際に目の当たりにできちゃうわけです。ビーチにはたくさんのガイド参加者がいるのであの世界観を味わうというわけにはいきませんが、でもあの景色を目の当たりにするとやっぱり感動。

⑤他とは違う島の景色にみとれる

ピピ島の周辺は、他の島とは少し違う絶景ポイントでもあります。エメラルドグリーンの海に切り立つ岩が浮かぶその様はまさに絶景。その島の断面を見ているとこの島と海の歴史の長さや過ぎた時間に思いを馳せてしまう感覚に襲われます。

 

ワクワクするために2選

①映画『ザ・ビーチ』を見て、やりたいシーンを決めておく

そりゃー映画の舞台に行くわけだから。行く前に映画を見といたほうが楽しめます。おー確かにここにレオ様がおったんやなんて感動を覚えるとピピ島は更にワクワクさせてくれるポイントに。

そして、せっかく映画の舞台にくるんだから映画のシーン真似して動画くらい撮らないと!!ということで、映画を見てしっかり予習したうでレオ様になったつもりで、映画(動画)撮影してこそワクワクを感じられるってもんです。

②バナナを持ってシュノーケリング

だいたいのツアーで提供されるバナナ。これを食べるんじゃなくて少し残しておいてそのまま持ってシュノーケリングの際は海にダイブ。餌につられて魚がたくさん寄ってきて非日常の海で更なる非日常を味わえるかも。あんまり大きな塊だと海を汚すことになるので注意!

 

まとめとして

さて、ピピ島は最高に海が綺麗で、猿にも会えるし、シュノーケリングでは大量の魚見放題。憧れのあの映画にも行けちゃう最高の舞台。プーケットにきたらぜひとも参加するべきツアーに認定です。ピピ島はアクティブに過ごすのが鍵。しっかりとシュノーケリングの技術を身につけて、いつでも潜れる臨戦態勢で臨んだほうが楽しめます。また一カ所ごとの滞在はそんなに長くないので、どんどんやりたいことやワクワクできそうなことはやっていく、攻めの姿勢が大切。まあ、とはいえそんなに焦らなくても大丈夫。綺麗なビーチは逃げていかないから!!

師匠 いや 志匠をみつけて生き方や考え方を学ぶ

ワクワクリスト tips

どうも志を持つ人を応援するteriyakiです。今回は師匠をもじって志匠を見つけてその人の生き方や考え方を学ぶことでもっと人生を輝かせてワクワクしちゃおうってお話。

志匠とは

人生の師匠

師匠という言葉、みなさん一度は聞いたことありますよね??そう。その道に通じる人を先生にして教えをこいながらその道を極めていく時の先生のことを師匠というわけです。で、ここで大切になってくるのが「その道」ですね。仕事や趣味ですでに師匠がいるという方もいるかもしれませんが、みなさんには自分の「人生の先生」っていますか??

志の匠

そういう「人生の先生」を師匠をもじって志匠と呼んでいます。この人の「人生に対する取り組み」や「毎日の生活の仕方」や「ものの考え方」について本当に尊敬する。真似したい。と思える人こそがあなたの志匠です。単に仕事を教えてもらうとか、何か一つの芸を教わるだけではないんです。

条件は??

まぁ条件は人それぞれですが、簡単にいえば「自分がその人の人生に心の底から憧れて、話を聞いているだけでワクワクする人」ということになります。他にいえば自分がやりたいことを先取りしたり、同じ道を志していたり、あるいは自分と考え方が似ていて、自分よりも人生を楽しそうに生きていたり。みなさんどうでしょう?周りを見渡してみてそんな人はいるでしょうか??

他にも人生の「ロールモデル」にしたい人という言い方をすればわかりやすいかもしれませんね。

どうやって見つける??

①身近にいないか探してみる

まずは手始めに身近にいないか探してみてください。職場の先輩や友達などに「この人の生き方めっちゃ格好いい」って思う人いないっすか??いればその人があなたの志匠になるかもしれません。あるいは今までお世話になった学校の先生や、もちろん両親でもかまいません。

②本で探してみる

ただ、なかなか身近に「人生まで真似したい」って人はいないかもしれません。その場合は本の世界で探してみてください。「この人は自分がやりたいこと先取りしてやってる」とか「最近あの人の本読んでなんか人生考えさせられたなー」なんて思う人がいればその人は志匠になる可能性大!!

③テレビで探してみる

特に「情熱大陸」とか「プロフェッショナル仕事の流儀」とか見てると見つかる可能性がぐんとあがります。僕の場合は「情熱大陸」を見て初めてその存在を知り、志匠に勝手にしている人がいます。芸能人よりも著名人と呼ばれる人たちのほうが志匠には向いているのかもしれません。もちろん芸能人でもいいですよ!!

④自分の興味のある分野のブログや先駆者をググってみる

自分の興味のある分野を検索キーワードにしてググってみたりすると今まで知らなかったけどこの人すごいとかいう人に出会えるかもしれません。ブログなどを読んで、すごい感銘を受けたり、こんな生活最高じゃんと思ったらそこには志匠が待っているかも。

 

志匠を見つけて具体的にワクワクするための方法

①本やブログなどを読む

これは、主に著名人やブロガーに限られてしまう話ですが、その人が発信している情報があればそれを読むのが一番てっとり早い方法です。その人の考え方が書かれていたり、本を読まなければ知り得ないような失敗談がのっていたりと、いろんな情報を知れてより好きになったり。自分の人生の勉強になることが盛りだくさんなこと間違いなし。

②話を聞く

それが身近な人であれ、著名人であれ、その人の話を生で聞くことは更なる理解につながること間違いなし。身近な人なら飲みでも誘っていろいろ質問してみたりすればいいんです。その際、「俺はあなたに憧れているんです」というオーラ全開にしておくのがポイント。

著名人の場合は、講演会などを聞きにいくのが生で話を聞くためのチャンス。講演会がない場合は、ネットでその人が何かについて語っている動画を探して話し方も含めたその人の話を体感するということが大切かもしれません。

僕も今まで志匠の講演を何度も聞きにいきましたが、毎回本当に有意義な時間が聞けて、その度に最高にワクワクしてくるんです。やっぱり生の声を聞くことと話し方や息づかいまで体感すること。空気を共有することで伝わってくるものはあると思うんです。

だからこそ、本やブログなどで満足することなく、お金を払ってでも生の声を聞きにいくべし!!

③真似してみる

全部を真似するのはもちろん不可能ですが、どこか小さな部分からでも真似してみるといいかもしれません。例えば、服装でもいいし、考え方を真似してみるのもいいかもしれません。その人が見せた気遣いや好きなものを真似してみるとなんか同じ物を共有している感じがしてワクワクすること間違いなし。

もちろん、真似ばかりの人生はおもしろくない。でも初めは真似から初めてみてそこに自分らしさをあとからミックスしていくほうが成長のスピードは早いはず。だからこそ小さなことでも真似してみて違う部分で自分を出せば、最終それはあなた自身のスタイルです。もしかして自分が有名になったら成功している人の共通点なんて言われるかも。そんな日が来たときのことを思うとワクワクするでしょ??

 

まとめ

さて、今回は志匠を見つけるという話でしたがどうでしたか??次は僕の志匠をみなさんに紹介することができればいいなと思っています。ぜひみなさんも何かをつかみ取るという気持ちで志匠を探してみてください。そういう人が見つかれば自分の人生が更にワクワクすることは間違いなしですよ!!

2017年!!旅立ちの年

teriログ

どうもteriyakiです。かなり遅くなりましたが、2017年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年末年始はプーケットで愉快に過ごしておりました。クリスマス前から私を残し愉快な仲間たちとプーケットに旅立った嫁のkeruをおいかけ、27日にプーケットに向けて出発。

トランジットは10時間。さすがに10時間あれば広州(中国)で美味いもん食えるだろうと思っていたんですが、なんとトランジットはホテル付き。せっかくホテル用意してくれるのに、利用しない手はない。と思ってホテルにチェックイン。

すぐに部屋を出てフロントで行きたいレストランまで行く方法を訪ねると「正気ですか」みたいな顔しているフロントマン。英語で四苦八苦しながら会話すると、どうやらレストランがある主要な街まではタクシーで2時間くらいかかるらしい…正直飛行機の登場時間に安心していくためには、これは賭けだぜみたいなことを言われてなくなくあきらめました。。

おいおい中国でかすぎるだろう。なおも、ねばってフロントマンに「この辺で美味しい中華料理が食える店はないか」と聞くと「ホテルのレストランでは美味しい西洋料理が食べれる」というとっておきの情報が。

でも、ここで西洋料理食べるために広州に来たんじゃない!!「食は広州にあり!!」絶対広州で中華料理食べるねんと気持ちを作り直し再度交渉。

「いや、、この辺ほんま街のはずれやし。店開いてるかどうかもわらんわ」みたいな返答。

しかし、このホテルマン劇的に優しくて「しゃあない。一緒に探しに行くか」と言ってくれて一緒にホテルの外へ…

 

確かに!!何もない!!!!!!

 

でも、ホテルマンはなんとか街の超庶民派中華料理を見つけてくれて、中まで一緒に入ってくれて中国語のできない僕に注文を英語で聞き、中国語に翻訳し店員に伝えるという親切っぷり。やはり、中国人は実は優しい。このギャップにみんなやられるんだなーと温かくい気持ちでいると。

「じゃあ、俺はもう行くから。なんか困ったらメールしろ」と言われてメールアドレスを交換することに。しかし、僕はLINE。彼は別の無料通話アプリしか携帯に入っておらず断念。よく考えればこの時点でアドレスを渡しておけば良かった。

最後に値段の交渉もしっかりとしてくれてホテルマンはホテルへ…

でてきた料理は期待以上の美味しさ。中国の庶民派の店はあんまり美味しくないという僕のジンクスを見事にくつがえす。仕上がりっぷり。

飲茶とやきそば。最初は味が薄いと思っていたら店員が「よく混ぜるんだ」とかいいながら焼きそばをまぜまぜしてくれました。「やっぱり優しいなーこのギャップにやられるんだなー」と思いながら焼きそばを食べると激ウマ。日本ではなかなか食べられない味と食感でしたがいけてる味付け。

少し高めの金額を払い「おつりはいいよ」と言うふりをしてジェスチャーで示すと店員たちは笑いながら和やかに送り出してくれました。

ホテルに戻り、さっきのホテルマンにお礼と美味しかったことを言おうとフロントへ。でも、さっきのあいつがいないじゃないか。ホテルマンにつたない英語で伝えてもどうも理解していない様子。一度部屋へ戻り、アドレスとメッセージを書いた紙を用意して、昼寝。

フロントに降りてもやはり彼の姿はなく。しょうがないのでフロントマンにメモを渡してとても親切にしてくれたフロントマンに渡してくれと言うと「オッケー任せとけ」みたいなことを言ったんですが、彼からは結局そのあとなんのメールもありません。

このパターンは実は二度目で、以前上海に留学にしたときも留学先の事務員みたいな人にお礼が言いたくて、けど最終日に会えず、手紙を渡すも返事はなし。

まあ、全てはその場でなんとかしてアドレスを渡さなかった自分が悪いんだけど。あんなに親切にしてくれたあいつとは友達になっておきたかった。。

誰か広州の空港近くのホリデイインホテルの優しい角刈りの若いフロントマンの情報を知っていたら教えてください。

さて、プーケットに行った話なのに。新年一発目の話なのに。本題にも入らずトランジットの出来事だけをつづりましたが、今年もteriログはこんな感じで行こうかな。

とにかく2017年旅立ちの年!!!!!!!!!!!!!!!!!!!この三ヶ月で最高の準備をしてやりたいことやるぞー!!

はい、抱負も語ったし、今日はここまで。ありがとうございましたー

「プーケット コーラル島のビーチでのんびり過ごす」

ワクワクリスト 旅のワクワク

どうものんびり大好きteriyakiです。今回は、のんびり自分の好きなことができるビーチツアーのご紹介。プーケットからスピードボートで20分。イスに座ってのんびりするもよし。海に入って魚と戯れるもよし。ビールを飲んでほろ良い気分で、波の音を聞きながらうたた寝するもよし。最高のツアーがプーケットからでてるんです!!

 

コーラル島ツアー紹介

どれくらいでいけるの??

コーラル島はプーケットからスピードボートで20分くらい。スピードボートが出るプーケットの港までの送迎ももちろんついてます。短い時間でプーケットのビーチよりも綺麗な海でプーケットのビーチよりものんびりとした雰囲気を味わえちゃうコーラル島につけちゃうんです。

どんなことするツアーなの??

コーラル島に着くと、ガイドから案内があるのは体験できるアクティビティーとランチの時間と集合時間と簡単な施設の紹介だけ。あとは完全にオールフリー。ツアーってだいたい慌ただしくてのんびりできないイメージですが、このツアーはツアーというよりはコーラル島にスピードボートで送迎してもらえるだけのイメージ。だから着いたら朝の10時くらいから2時過ぎくらいまで、のんびり自分の時間を過ごすことができちゃうわけです。

アクティビティーは??

コーラル島で体験できるアクティビティーは「パラセーリング」「バナナボート」「シーウォーカー」「体験ダイビング」などが一般的。また、シュノーケリングはタダで機材を借りることができるので、申しこまなくてもできちゃうんです。ちなみに各アクティビティーはツアーを申し込む時にセットになったものを申し込むのが一番いいでしょう。もちろん現地でも申し込みができるけど、時間が決まってたりするのであらかじめ申し込んでおくのが一番かなと。

ただ、この島でできるアクティビティーはほとんどプーケットのビーチでもできるし、シーウォーカーや体験ダイビングならもっと本格的にやったほうがいい気がするので、あまりアクティビティーに固執しないほうがいいかも。

 

おすすめリラックス3選

①本を持っていってビーチチェアで波の音を聞きながら読書

ビーチチェアの貸し出しは完全に無料。しかもツアーの人しかいないから基本的にイスは座りたい放題。読みたい本を持ち込んで、のんびり海辺で読書が一番のリラックスかも。

そんなに人も多くないし、落ち着いた雰囲気のツアーなのでのんびり静かな時間を過ごせます。読書しながらうとうとまどろんでも風邪を引くこともないし。読書に飽きたら海へダイブなんてのも最高ですよね。

シュノーケリングで魚と戯れる

ビーチについたら機材を借りて海へゴー!!シュノーケリングをつけて泳ぐと浜辺からすぐのところにも魚が結構いてそんなに泳ぎが得意じゃなくても十分楽しめます。(逆に深い所まで行ってもあまり魚がいないなんてことも…)

もちろんシュノーケリングに疲れたら浜にあがってチェアでのんびり。おすすめのシュノーケリングタイムは昼過ぎくらいなので、ランチまでは海でのんびりして昼からは少しアクティブにシュノーケリングなんてのもいいかも。

③ビールを飲んでほろ酔い気分で波の音を聞いてまどろむ

コーラル島では、もちろんビールも売ってるので海辺で酒飲んで波の音を聞きながらまどろむってのも最高におすすめです。昼まで酒飲んでまどろんで、ランチを食べたら酔いを覚ましに海げゴー!!とか。普段日本にいるとなかなか海辺で酒飲んでぐーすか昼寝ってできるようでできないですよね??

またロッカーがあるので荷物の盗難の心配も必要ないし、ビーチボーイが声をかけてくるなんてこともないのでプーケットのビーチよりも酒飲んでまどろむにはおすすめです!!

 

補足情報

ロッカー有ります。確か25バーツくらいかかるけど、結構大きめのロッカーなので最低限ビーチで必要なもの以外はあずけちゃいましょう。また何度でも出し入れはできるのであとからカバンの物を取り出したくなってもオッケー!!

シャワーはありますが、水はちょろちょろ。あまり期待しないほうがいいかも。冷水です。

トイレは無料。でも僕が行ったときはトイレットペーパーがなくて少し困りました…

シュノーケリングの機材は無料で借りれます。

 

ランチはバイキング。チャーハンやパスタ、グリーンカレーに、酢豚みたいなの。最後はパイナップルまであって、味も普通です。水もランチの時に小さなペットボトル一本貰えるので大量の水を持っていく必要はナッシング。

 

まとめとして

さて、プーケットから20分のリラックスリゾートのコーラル島。毎日遊びすぎて疲れたとか、今日は徹底的にのんびりしたいって時におすすめです!!やっぱりビーチリゾートにきたからには観光もいいけど海辺でのんびりするのも醍醐味。ぜひ、参加してみてください!!