読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクを追求する夫婦のブログ

ワクワクを追求する夫婦の二人が、日々ワクワクしたことを「旅」「本」を中心に発信。

「ダイバーになりたければいきなりパラオの海でダイビングしちゃおう」

ワクワクリスト 旅のワクワク

どうもteriyakiです。今日はみんなでダイバーになろうって話!!でも、ダイビングなんてしたことないし、資格を取るの大変なんじゃない??って思う人多いですよね。

そんな人はまず、パラオに飛んでいくべし!!ね?簡単でしょ??

なぜ、パラオでワクワクできるのか

青い海

どんな理由があろうともこの理由以上の理由はない。パラオには最高に青くて人の心を見ているだけでワクワクさせる海があります。

f:id:teriyaki44:20161027191735j:plain

海が青いってよく言いますが、パラオの場合は青いとかいうレベルじゃない。エメラルドグリーンが一番近い表現でしょうか?なんかもう本当に半端なく綺麗。

それ以外の理由はいらない

もちろんパラオにはまだまだ魅力がいっぱいあるはず…でも青い海以外に魅力がいりますかってくらいパラオの海は魅力的でヤバいです!!そこに流れている空気も最高でもうまさにリゾート!!「海が青い」これ以上の贅沢ってありますか??

ダイビングしちゃおう

ライセンス??

でも、ダイビングにはライセンスが必要。私にはダイビングのライセンスはないし…って心配する必要は一切なし!!

パラオでは「早朝体験ダイビング」ができちゃうんです!!体験ダイビングはライセンスが必要ない深さまでしか潜らないので、ライセンスがないからーなんて言い訳にならない!!

でも不安…本当にそんな簡単に??

実は、僕自身体験ダイビングに行くまではむちゃくちゃビビりまくっていました。。もしかしたらやっぱりうまく息ができなくてパラオで死ぬのかなとまで考えて遺言めいたものを残そうとしたら嫁に止められました。

で、実際に早朝ダイビングに行ってみると…

f:id:teriyaki44:20161027192859j:plain

もう、死にませんか??とか心配する暇もなくあれよあれよと言う間に機材の準備完了。最初は橋の横の浅い所で息継ぎの練習。

この時…「あ、やっぱりダイビングで死ぬんだ」と思った。レギュレーターで息をするとかなり苦しい!鼻呼吸に慣れているから、口で息をしようとすると相当息苦しい…

で、息が苦しくなって顔をあげると周りの体験ダイバーはみんな普通に海の中で呼吸をしている。。

「まずい死んだ」と思ったけど、今更辞めるとか言い出すの恥ずかしいし…嫁も普通にレギュレーターで呼吸している…

でも、あとから聞いた話。実は他のみんなも最初は息が苦しくなって顔をあげていたそう…実はそれぞれのタイミングがバラバラでみんな「自分はこのまま死ぬのか」という恐怖と戦っていたらしい…

ただ、さすがはインストラクターさん。息が続かない我々に的確なアドバイスを!!

「まずは、おもいっきり息を吐く!!」

そう、どうしても息ができない環境では僕たちは息を吸おう吸おうとするけど息を吐いてからじゃないと息は吸えないんですよね。

これは人生にも通じる話。なんでも一度出しきったり捨てたりしてスペースがあかないと新しい物を得られない。うん、ダイビングっていろんな意味で深い。。

で、なんとなーく呼吸ができて「行けるかも」って思っていたらボートに乗せられてダイビングポイントへ…

次の難関は耳抜きなんですが…ここでは割愛します。。

海の中に入ったらそこはパラダイスだった

実際になんとか耳抜きもクリアして海の底へ沈んでみるとそこにはやばい世界が広がっていました。

今まで体験したことのない世界。海の中。すぐそばに魚がいて珊瑚が目の前にある。

で、何よりも感動したのは上を見上げたとき。水面に太陽が差し込み波がゆれキラキラしていて。その景色は海の上からじゃなくて海の下から眺めた時。何かがはじけます確実に!!

海の中は自分がレギュレーターで呼吸している音以外は何も聞こえない。これも心を浄化させるには本当に最高!!日常の雑音から完全に解き放たれることができるのは海の中しかない。

まとめとして

海の中は本当に最高のリラックスポイントでした。これ以上のリラックスはない。そんな最高の体験がダイビングです。そして、ダイバー達が憧れる海ナンバー1のパラオ。僕はここにライセンスを持たない「これからダイバー」にいって欲しい。世界中のダイバーの憧れの海で体験ダイビングをしたら、ライセンスを取らないなんていう選択肢は人生からなくなるはず!!だから、まずは最高の海のあるパラオで体験ダイビングをしてダイビングの魅力にどっぷりはまってから、ライセンス取得を目指しましょう!!あるいは、パラオにダイビングのライセンスをゲットしに行くってのも選択肢としてナイス!!

次の記事ではパラオまでのアクセスや体験ダイビングの申し込みの方法などについて詳しくまとめています!!みなさん!!迷ってないで!!最高の海パラオへ!!