読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクを追求する夫婦のブログ

ワクワクを追求する夫婦の二人が、日々ワクワクしたことを「旅」「本」を中心に発信。

僕が今世界一周する理由

teriログ

どうもワクワクプレゼンター兼妄想ボヘミアンのteriyakiです。今回の投稿は「僕が世界一周する理由」というテーマでお伝えします。「人が世界一周に行く理由なんてどうでもええわ」と聞こえてきそうですが、こんな考えもあるんだなーということで、鼻くそほじりながらでも、ポテチつまみながらでもいいので、暇つぶしにでも読んでもらえれば幸いです。

動機

最初はすごく小さな動機からだった

最初の動機はとても簡単でした。周りの英語を喋れる人や、前の職場(職員室)の外国人(ALT)を見て、なんとなく「英語喋れるって格好いいな」「海外の人ってどんな環境や視野で物事捉えているんだろう」とある日ふと思ったのです。

留学を考えていろいろと探しまわる

実は最初からその思いが「世界一周」につながったわけではなく、最初は「海外に出る=留学」だったのです。だから、しばらく留学についていろいろと探しまわりました。アメリカにしぼって、働きながら留学する方法を模索しましたが、ビザや語学力の問題もあってなかなか思ったような留学先にたどり着けない…

そんな時にふと思いついた

アメリカにしぼって考えていた僕は少し世界に目を向けてみることに。他にどんな留学先があるのか調べてたらふとひらめいたのです。

「いっそのこと世界一周するか」

どうせなら一カ国にとどまらずに世界を旅しながらいろいろと勉強したほうが面白いかもって。

で、よく調べてみると当時考えていたアメリカ留学とほぼ変わらない費用で世界一周できるじゃないか!!行くしかないだろ!!本当に最初は軽いノリでした。そこから一冊世界一周に関する本を購入。もう読みはじめたらとまらない。よし、これは留学なんて言ってる場合じゃない。(決して留学を否定しているわけではありません)

まわりに夢を相談してみたら…

まずは嫁のkeruに。

ということで、まずは嫁に相談。留学も応援してくれていた嫁ですが、さすがに世界一周はなんというか…。ある晩、夕食を食べながら

「結構マジな話。夫婦で仕事辞めて世界一周しない??」って…

返事は…

「え?いいやんそれ。やろう」でした。迷いなくあっさりと了承。むしろkeruはとてつもなく乗り気に。おそらくここで反対されていたら今の自分はないだろうなと思います。本当にこのkeruのノリの良さには感謝です。

両親とkeruの両親の反応も…

さすがにここをクリアするのはなかなか一筋縄ではいかないかなと思っていたら、うちの両親もあっさりOK!!keruの両親も「いいね」との返事。最高です。本当に環境に恵まれている。もちろんいろいろと心配はされましたが決して反対されることなく、応援スタンスで「よし、行ってこい」との返事。夢を思い切って語ると周りは応援してくれるもんなんだと改めて思い知らされました。

意味づけの日々がはじまる…

ただ、世界一周に出るにしてもどうせなら意味を持って行きたい。なんか目標がないと面白くない。と思いそこから計画をたてながら世界一周でやりたいことやなぜ世界一周に行くのかを考えていきました。大きな行動って動機があって後から意味づけや理由づけしていくことでうまくいくのかなとこの過程で実感。

まとめとして

以上が僕の世界一周の動機です。僕はこうやって世界一周に行きたいと思っていろんなことに気づかされました。

動機はしょぼくていい

なんかやるには大きな理由や大義名分が必要だって世の中の人は思いすぎているのかもしれません。でも、動機なんてしょぼくていいんです。僕の場合「英語できたら格好良い」が留学の動機。その動機が少し発展して「どうせなら世界を見よう」が世界一周の動機でした。大きな理由や動機や大義名分にこだわらなくても、自分の心の中にあるワクワクを信じてしょうもない動機でもやってみることが大切なんじゃないかなと。

意味づけはあとからでもできる

で、動機に従って行動したら、その後に意味を考えてみるんです。僕は最初に意味を考えすぎずに後から意味を考えることで逆に世界一周に出る意味がたくさん見つかり、それを深めることができている気がします。だから大きな行動を起こすのに意味づけを決めてからじゃなくて、行動しだしてから意味を決めていくことも時には大切です。

やっぱり夢は宣言するに限る

あとは夢を自分の近くにいる人に思い切って相談したり宣言することが大切かも。自分の本当に大切な人は実はすごく自分のことをわかってくれていて、夢を語ると「やっぱりな」って顔で応援してくれます。もちろん反対される場合もあるとは思いますが、でも最終的にはきっと応援してくれるはず。宣言しないと何も変わりません。相談することで夢は現実味をおびはじめます!!

 

というわけで、結局理由を詳しく書くことなく今回の記事は終了です。動機を語りだすととまらなくなってしまいました…次回の記事では、しっかりと後から考えた意味と理由を書こうと思いますので、そちらも読んでもらえたら嬉しすぎて踊ります。

では、みなさん。よい旅を!!