読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクを追求する夫婦のブログ

ワクワクを追求する夫婦の二人が、日々ワクワクしたことを「旅」「本」を中心に発信。

日々の生活をルーティーンで乗り切って自由になろう パート1

tips

 どうもワクワクを追求する夫婦のteriyakiです。みなさんは、日頃の習慣てありますか??歯磨きにはじまりストレッチとか、瞑想とか…。今日はそんな習慣の話。

 

そもそもルーティーンて何?

 ルーティーンと聞くと最近では五郎丸かな。(少し古い?)あれは自分の中で心を落ち着かせるためにやるべき動作を決めておいてそれを儀式的に行うことでいつも通りのプレーができるためのものなんですが、そういう何かを行う前の動作だけでなく、要するに日常生活の中で「習慣」と呼ばれているものをここではルーティーンとして考えてみます。

 上に書いたように歯磨きもルーティーンだし、毎日寝る前にストレッチとか、朝に薬飲むとかもルーティーンと呼べるわけです。

 

じゃあ何がいいことあるのん??

 大切なのは、ルーティーンの効能というか効果ですよね。習慣が大切とかルーティーンを持つことが大切なのはわかってもそれによってどんな効果があるのかが大切なところ。

 では、いきましょう!!ルーティーンによる効能と効果

 

①ルーティーンで心が落ち着く

 ルーティーンを持つことにより、それを行えば心が安定することになります。人は変化を嫌う生き物なので、毎日同じことをするのが心の安定には一番。ところがもちろん、毎日全く同じ行動を積み重ねるなんてことは実質不可能なわけです。そんな時に、いくつかのルーティーンがあれば、少しくらい慌ただしくても、疲れていても、そのルーティーンによっていつものペースを取り戻すことができちゃうわけです。

 

②ルーティーンを積み重ねることこそ、物事がうまくいくコツ。

 何かを成し遂げようとするとき、一日ではどうしようもできないことって多々ありますよね?例えば、英語の学習なんかは一朝一夕で身に付くものじゃない。そう。何かを成そうと思えば、毎日の積み重ねが大切なのです。そんな時に、やるべきことをルーティーン化しちゃえば、毎日の積み重ねもそんなに苦しむことなく継続していけちゃうわけです。しかも、毎日の取り組みが気持ちを安定させるとなると一石二鳥っすね。

 

③ルーティーンが別の行動のトリガーにもなる。

 例えば、毎日しているルーティーンがある人は、それをトリガーにして新しいことを始めたり、今日やるべきことのきっかけにすることができちゃうわけです。

 例えば、みなさんも歯磨きくらいはルーティーン化しているはず。たまにこんなこと考えることないですか?「歯磨きしたら、○○やろう」…

 これはいわゆるルーティーンをトリガーにして新しいことに挑戦している一つの例。

だから、みなさんも新たなルーティーンを身につけると、それをトリガーにして何かに取っ掛かるきっかけになるということ。

 しかもルーティーンをした後は心も安定しているので、スムーズに物事に取り組めて集中力も長続きするってなもんですよね。

 

まとめ

 今回はルーティーンを作ることの効能や効果について書きましたがいかがだったでしょうか??ルーティーンのいいところはわかったけど、どうやってルーティーンを身につけるねんというのが、やはり一番気になる部分。次回はそんなルーティーンの身につけ方について書いてみようと思います。

 ちなみにこのブログも僕のルーティーンの一つ。このブログ書くと、次の行動に気持ちよく取り組める気がするようなするような。