本×旅×

旅×海×本 

「旅」と「海」を中心に時々「本」、その他人生についてたまーに書きます

バイロンベイでサーフィンスクールに行ってワクワクする

どうもteriyakiです。 現在、オーストラリアのシドニー

 

旅は順調。毎日楽しいことしかしていない。

 

でも…とうとうなってしまったホームシック。 その理由は、いたってシンプルでみなさんに共感してもらえるものだと思います。

 

 

 

 

 

 

海外ではバチェラーが見れない。

 

 

 

 

 

 

なんてシンプルで多数の共感を生むホームシックの理由でしょう。

 

というわけで、今回はバイロンベイでサーフィン体験してワクワクするって話。

 

 

バイロンベイって  

 バイロンベイは、オーストラリア最東端の小さな町。「オーガニック」「ヒッピー」「サーフィン」など、いわゆるオシャレな人が大好物のワードが並ぶ素敵な場所です。

f:id:teriyaki44:20170512072055j:plain

 

 

 

どうやってサーフィンするの

 バイロンベイにきたら、やはりまずはサーフィン。経験者なら、ボードをレンタルして、メインビーチでいい波に乗れます。 町のいたる所にサーフショップがあり、情報収集や道具のレンタルなどが可能。

オススメなのは

 

www.mojosurf.com

soulsurfschool.com.au

 

www.byronbaysurfschool.com

 

 その他にもあるので町をブラブラしてみて気にいったサーフショップに入ってみるのがおすすめですね。 町から一番近いのは「メインビーチ」というビーチですが、それ以外にもいいビーチがあるみたいです。

 

「ワテゴスビーチ」 なんかは、おすすめのビーチだそうです。(現地サーファーいわく) でも、それぞれのサーフショップにおすすめのビーチがあって、スペシャルなスポットもあるみたいなので実際に店に行って話をしながら決めるのが一番。

 

 とにかく、メインでガンガンのりたいよっていう人は、メインビーチも文句なし。

 

でも僕、サーフィンやったことないんだけど

 サーフィンやったことないっていう人も、大丈夫です。上に書いたショップは毎日のようにサーフィンスクールを実施しています。というか、それがメインかも。

 

 日程的には、半日でとりあえず波に乗ることを体験しようってものから3日連続でしっかりサーフィンの基礎を習得しようってものまで。

 

 値段は半日だと$70以下なので、バイロンベイで他のツアーに参加するよりは安いかもしれません。

 

 

体験者は語る

 というわけで、実際に我々夫婦も「soulsurf」のスクールに参加してきました。

 

予約の段階で気になる表示が…

ネットでの予約はすべて英語ですが、簡単な情報を入れるだけなので簡単です。

ただ、ここで一つ気になる表示が。

 

 

 

 もはや我々とのサイズ感の認識にずれがあるとしか思えません。日本では、大きい人がどこへいってもサイズがなくて不安になる仕組みを採用しているのに対して、オーストラリアでは小さい人がサイズがないんじゃないかと不安になる仕組みを採用しているようです。いいぞ、オーストラリア。頑張れオーストラリア。  

 

 でも、大丈夫。行ったらちゃんとサイズありますから。膨大なウエットスーツをショップで簡単に合わせて、スタッフが見繕ってくれます。 ちなみに、私はウエットを合わす際に、「too big」という言葉を聞き、不安になりましたが、どうやらウエットスーツ側が大きすぎたそうです。そうです。私はオーストラリアでは標準です。以後お見知り置きを。  

 

いよいよ本番

 当日は、歩いてショップまで行きます。ちなみに、私は昼の部を予約しました。

朝8:30〜

 

昼13:30〜

 

寝坊を恐れて昼の部を予約してしまう辺り、チキン感がぬぐいされません。

 

遠い宿に居る場合はピックアップしてくれるみたいです。

 

 参加者は20名前後、初めての人もいれば今日で3回目って人もいるみたいです。あとから聞いた話ですが、参加していた人は、いろんな国の人でした。フランス人、ブラジル人、スペイン人など。このインターナショナルな感じも素敵です。

 待っていると、金髪のロン毛がチキンウィングを持って裸足で現れます。そうです。これがオーストラリアのサーファーの基本です。

 形から入りたいって人は、髪を金髪に染めて、ロン毛にし、チキンウィングを毎日摂取し、裸足で町を歩けるようになってから、バイロンベイに行くといいと思います。日本では孤立するやもしれませんが、大丈夫。バイロンベイにきたら仲間はたくさんいます。

 さて、金髪のロン毛の彼らが、本日のティーチャーのようです。とても、気さくでいい感じです。

 

いよいよ出発

 時間になると、サーフボードをつなげたバスで出発するようです。彼らはバスの中でもすごく気さくで落ち着きがありません。音楽をガンガンかけて、最高のハイテンションで、海に向かいます。そうです。何をするにもテンションはすごく大切。

 

スペシャルビーチに到着

 30分ほどバスを走らせると、彼らがいうところの「special beach」にたどり着きます。ちなみに私がバスの中で彼らの説明を受ける際、聞き取れたのがこのワードのみだったことは、サーフィン体験とは何の関係もないので割愛します。

 

 到着すると、まずは波の観察へ向かいます。海が見渡せる場所に立って、波の観察の仕方を英語で説明するティーチャー。なぜ、そんなことがわかるかって??

 

「wave」って8回くらい言うたからだよ

 

というわけで、波の観察レクチャーが終わるとバスへ戻ってウエットスーツに着替え、いよいよビーチへ。

 

というわけで次回に続きます。(実際は、シドニーのビルズに朝ご飯を食べに行くので、ブログどころじゃなくなっただけ!!)

 

次回は私少しだけ歯を食いしばっています。 乞うご期待