本×旅×

旅×海×本 

「旅」と「海」を中心に時々「本」、その他人生についてたまーに書きます

ダバオから船で1時間 ひたすらのんびりする島がワクワクする

 どうもteriyakiです。現在地はカンボジア。連日の遺跡巡りを休み、また久しぶりになってしまったブログの更新です。

 

今回はフィリピンのダバオから船で1時間。「イスラレタビーチ」がテーマです。

 

 

フィリピンで1番のんびりできるビーチ イスラレタビーチとは

紹介

 まずは、イスラレタビーチの紹介から。場所はここ。

[http://]

アバウトすぎる地図でごめんなさい。。

 

 とりあえず、ダバオから船で1時間。タリカッド島という島にあります。行き方はこのあと、紹介しますのでご安心を。

 

 このタリカッド島のフェリーが着くのが、イスラレタビーチなのです。

 

f:id:teriyaki44:20170717134829j:plain

 

 写真のとおり、白い砂浜と綺麗な海。正直、それ以外何もありません。いや嘘です。もう少し正確にいうと、ベンチや宿もあるし、ご飯を食べるところもあります。でもご飯を食べるところで注文すると、出てくるのにかなりの時間を有するし、ベンチには現地の宿泊客が多くいるしあってもあまり利用できません。

 

何をするのが一番ベスト??

 ということで、あんまりいいこと書いてませんが…。じゃあこのイスラレタビーチで何をするのがベストか?それはずばり…

 

ただ、ひたすら何もしない!!

 

 

 もう、これに尽きます。ビーチとはアクティビティーをする場所では無いのです!!バナナボートに乗ってキャーキャーいったり、SUPに乗って派手に転倒して笑いを誘ったり、わけもわからずボートで砂浜引き回しの刑にあい空に浮いたり(パラセーリング)しなくていいんです。

 

 ひたすら何もしない。これが大人のビーチでの過ごし方。そう、イスラレタは何も無いからこそこれができるビーチなのです。

 

体験編

とりあえず道のり

 まずはダバオから出発。検索したところによると「マグサイサイ」という港からフェリーが出ているということで、タクシーで向かうことに。(ジプニーでももちろん行けます。)

play.google.com

 

 道は結構混んでいるので、時間に余裕をもって出るのがオススメ。

 

港に着いてから

 船乗り場の入り口では、荷物検査が行われ、乗船名簿に記入します。ゴリゴリにいかつい銃を持ったポリスがいますが、ビビらず対応しましょう。荷物から納豆やドリアンなどの異臭を発生させるものが出てこない限りは、通れるはずです。

 

 どの船がどこに行くかは刑事の勘に頼らず近くの人に必ず聞いてください。同じ場所に行く船でも時間が違ったり、料金が違ったりします。

 

というわけで出発!!

 というわけで船が出航です。出航時間になって出航しなくても焦る必要はありません。ここはフィリピン。フィリピンタイムが流れています。

 

なんか船内がざわついてきたぞ

 というわけで我々最初にイスラレタにチャレンジした時は、2時間たっても船が出航せず、それまで中尾彬ばりの落ち着きをみせていたフィリピン人もそろそろざわつきました。結局…

 

エンジントラブルで降ろされた…

 

 こうして我々の第一回イスラレタチャレンジは船内で買ったピーナッツを食べるという偉業を成し遂げただけで終わりを告げたのです。

 

気をとりなおして二回目

 というわけで、気をとりなおして二回目のイスラレタチャレンジです。まるでサスケに何度もチャレンジする山田勝己ばりの意気込みで早めに港へ向かい、今回はスムーズに乗船。船は30分ほどもしないうちに出て行きます。ちなみに出航までの間、船の中には売り子がたくさん来ます。ここで水やお菓子を買っておくのもいいですね。

 

 

1時間ほどでいよいよビーチに到着

 1時間ほどすると、島が見えてきます。そうですそこがイスラレタビーチです。島には先客がたくさんおり、ベンチは空いていなかったので、砂浜にタオルを敷いてお昼寝。

 

 その後、シュノーケリング。透明度もそこそこ高く、少しだけ沖まで泳ぐとサンゴもちょこちょこ出現してくるので、それなりに魚が見えました。

f:id:teriyaki44:20170719124424j:plain

 

なんで、こんな青飛びした画像しか載せないのかって??全部青飛びしてるからだよ!!

 

 グッズなどを借りられる場所はパッと見た感じでは見当たらないので、やりたい方は道具持参で参戦してください。

 

お昼ご飯は、コテージと提携(?)のレストランで

 パッと見た感じ、お昼ご飯を食べられる場所はイスラレタビーチには一カ所しか見当たりませんでした。

 とりあえず、そこに行って注文するも、作れるのは一つだけ。提供に1時間かかると言われ…

 

でも、お腹空いたから待っとくよ!!

 

と言い返し、浜辺で待つことに。私はお昼寝。妻はシュノーケルをしながら待つこと30分で到着!!早いじゃないか!!1時間と言われて30分でくると褒めてあげたくなる気持ちになるよね!!ナイスセールストーク!!

f:id:teriyaki44:20170719124933j:plain

 

出てきたのは、こちら。唐揚げとご飯。(ダイエットコーラ添え)味はなかなか美味しかったですよ。

 

そして、無事に昼ご飯を済まし、もう一度シュノーケルを済ませ、ボートに乗り込むわけです。

 

注意!!ボートは3時には出てしまう!!

 ここでイスラレタ日帰りの最大の注意点。

 

ダバオに帰る最後のボートの出航時間は3時!!

 

 気をつけないと平気で置いていかれます。行きはあれだけフィリピンタイムだったボートがなぜか帰りは時間に正確。もしくは少し早めという驚きの事態に!!

 

みんな早く家に帰りたいんだな!

 

 というわけで我々も危うくボートを逃しそうになりながらも、なんとか帰りのチケットを購入して乗り込みました。

 

 チケットは、港の先にテーブルとパラソルを出して売っている場所があるので探してください。先に買っておくことを強くオススメします!!

 

まとめ

①行きの船は余裕を持って

 遅くとも8時過ぎには港に居るのが懸命です。道も混むので朝は早めに出ましょう。

 

②船に乗ったら茹でピーナッツ

 船の中でのオススメは茹でピーナッツ。塩味がきいて美味しいですよ。

 

③ビーチにはたくさんの食料を!!

 ビーチのレストランは提供スピードも遅く、メニューも偏っていますのできれば自力で食料を持ち込むことをオススメ

 

④ビーチでは何もしない

 シュノーケルくらいにとどめて、あとはひたすらのんびりと。食べて飲んで寝て。すごいだらしのない肥満のような過ごし方がオススメ。

 

⑤帰りの船に注意

 帰りのボートの時間には注意が必要!!乗り過ごすと一泊を強いられるか、すごい経由地の多いボートでの帰港になるらしいので気をつけて!!

 

 

 というわけで、今回はイスラレタビーチをご紹介しました。ダバオに行った際は、こちらのビーチに足を延ばして、一日のんびりするのがオススメ!!少しの準備でかなりくつろいで満喫できる場所になるので、是非のんびり、充電しに行ってください。