本×旅×

旅×海×本 

「旅」と「海」を中心に時々「本」、その他人生についてたまーに書きます

フィリピンの秘境 エルニドでワクワクする 基本情報編

 どうもteriyakiです。カンボジアシアヌークビルでこのブログを書いています。

 

 みなさん、秘境といえばどんなところをイメージしますか?誰もいない場所?静かな海?のんびりと流れる時間?

 

 7000以上の島からなるフィリピン。最近ではボラカイ島の人気に火が点いて日本からの観光客も増えつつあります。また、フィリピンの一大有名リゾートといえばセブ。英語留学に訪れる人も多く、日本人が一番よく行くフィリピンの島といっても過言ではありません。

 

 しかし、今僕が一番おすすめしたいのは、フィリピンの秘境「エルニド」神が創造した最後の秘境とまで呼ばれるその場所はパラワン島の北側に位置しており驚くほどの透明度の海と、秘境感満載のラグーンがあって今後日本人にも人気が出ること間違いなし。だからこそ今のうちにその雰囲気を味わっておきたいそんな場所のご紹介です。

f:id:teriyaki44:20170723152954j:plain

f:id:teriyaki44:20170723153119j:plain

 

 

エルニドとは

 フィリピンの中でも、5番目に大きな島であるパラワン島パラワン島の主な都市といえば、プエルトプリンセサ。airasiaやcebupacificなどのLCCが飛ぶ空港もここにあり、観光の名所としても有名です。しかし、今回するのはそこから北へ車で約5時間。南北に長いその島の北側に位置するのがエルニドなのです。

 

エルニドの見所

①ラグーン

 エルニドには、大きく分けて二つのラグーンがあります。

 一つ目は「スモールラグーン」こちらは、少しこじんまりとしたラグーンで、カヌーに乗って探索します。周囲を岸壁に囲まれたその場所の水は驚くほどの透明度を誇ります。カヌーから降りてシュノーケリングをしたり、洞窟のような場所に泳いで入れたりとどちらかというとアクティビティー要素の強いのがこちらのラグーン。

 

 二つ目は「ビッグラグーン」こちらはその名のとおり、とても大きなラグーンで、船からカヌーに乗り換え進むこと5分ほどで到着します。個人的にはラグーンの中でここが一番オススメ。スモールラグーンに比べ規模が大きく、ツアーできている観光客がごった返すこともないので静寂の中で雄大な自然と調和したような気分を味わうことができます。透明度はいわずもがな。オススメの過ごし方はライフジャケットをつけて水に入り、何もすることなくただ浮いている。自然の偉大さをリアルに実感し、今まで感じたことのないような癒しを感じられること間違いなしのスポットです。

 

 これらのラグーンに行くには、ホテルや島のレストランなどで申し込みのできるアイランドホッピングに参加する必要があります。アイランドホッピングはいくつかのコースに分かれているので、ラグーンが含まれているコースをチョイスするようにしてください。2017年7月現在の値段は、1日アイランドホッピング昼食込みでPHP1400(大人一人)。日本円にすると約3000円程度です。

 

②ビーチ

 パラワン島の見所はなんといってもやはり海。数多くあるビーチの中でもオススメなのが、「twin beach」と呼ばれる「Nacpan」&「Calitang」ビーチ。また、東側にある「Tapic beach」もオススメです。これらは、街中を走るトライシクルの運転手にお願いすれば連れていってくれます。雨季のシーズンになるとクラゲが出て泳げなくなる場所などもあるようですが、見に行くだけでも価値有り!また、夕日が綺麗に見えるビーチやのんびりできる砂浜も数多くあるので、是非現地の人にいろんな話を聞いてオススメのビーチに連れていってもらってください。

 

エルニドではダイビングとアイランドホッピング

ダイビングの魅力

 これだけの透明度を誇る海を持つエルニド。ここに来たら、そうダイビングです。魚の種類も豊富で数多くのスポットを持つこの島では、水中世界を見に行かないなんていう選択肢はありません。また、ダイビングの値段も日本の相場に比べればとても安く、ショップによっては3ダイブで1万円かからないなんて場合も。(昼食、器材のレンタル等込み)

 また姫様殿様ダイビングですので、ボートに乗って綺麗な海を眺めてポイントへきたらレッツダイブ。

 今までにダイビングをしたことが無い方も体験ダイビングで是非ダイビングを。この海でダイビング初体験なんてどれだけ贅沢なんでしょう!

 

 我々の利用したショップはこちら

www.palawan-divers.org

 

日本語が通じるスタッフは居ませんが、英語でのやり取りはもちろんできますし、とてもフレンドリーなスタッフが多く楽しい一日が過ごせます。前日にウエットなどのサイズ合わせもしてくれてブリーフィングも細かく安心のダイビングでした。

f:id:teriyaki44:20170723151850j:plain

 

アイランドホッピング

 上にも、書いたようにエルニドでラグーンを回りたい。あるいは近くの島やビーチに遊びに行きたいと思ったらアイランドホッピングに参加するのが一番。申し込みは、本当にどこでもできるというのが僕の印象です。泊まっている宿、レストラン、中心部のツアーデスク。至る所に案内が貼ってあって、その場で簡単に申し込みができます。相場は上にも書いた通り、PHP1300~1400。日本円にすると約3000円程度といったところで、お値打ちです。コスパ最強で行って損はありません。

 

 朝は宿に8時半頃ピックアップがきて、港から何人かのグループで船に乗り出発です。フィリピンの船はバンカーボートで酔い止めがついているので、船酔いの心配もほとんど無し!ラグーンなどの各エリアでの滞在、BBQの昼食、シュノーケルまでついてます。一日中エルニドの海を満喫できるアイランドホッピングに参加しない手はありません。

 

まとめ

 今回は、基本情報編ということでエルニドのワクワクする情報をおおまかにお伝えしました。ダイビングにアイランドホッピング。海の中で異世界を味わって、ラグーンで自然の雄大さを実感する。もちろん何もしなくてもいいんです。ただビーチで海を眺めるのも乙なもの。とにかく、神の創造した最後の秘境と呼ばれるこのエルニドは本当にワクワクがとまりません。

 次回は、我々が体験したことをもとにエルニドへの行き方や宿の話、中心部の様子などもお伝えする体験編です。今回の記事を読んで秘境に飛び立ちたくなった方は是非読んでみてくださいね。