ワクワク追求ブログ

ワクワクすることをやって生きる。そんな人が増えるために、「旅」「海」「本」「ライフスタイル」を中心に発信します

メキシコカンクンからペルーリマへのバスや空港移動のこと

どうもワクワク追求夫婦のteriyakiです。

 

このブログ、長いこと書いていなかったんですが、というかやめようと思っていたんですが、何人かの方から「もう書かない?」と聞かれて、そう言ってくれる人のために書こうと思い、もう一度書き始めます。

 

という芸能人のようなこと言ってみました。単にもう一個のブログと分けて、こちらに旅のことをちゃんと書こうと思ったので再開します。ちょっとうるっときてた方、申し出ていただいたら箱ティッシュ1年分、出世払いで送ります。

 

というわけで、すでに読者の9割りが長い前置きにうんざりしていると思うので、早速かきます。

 

 

 

今回はメキシコカンクンからリマへの移動編です。

 

カンクンの空港へは?

カンクンの空港へは、ADOというバスで行くのが便利。

 

カンクンダウンタウンのここからバスに乗りましょう

[http://]

 

バスは快適で心地よく、バス停ではwifi使えます。空港までの所要時間は約30分くらいかな?

料金は一人78ペソ(約450円)

 

ちなみにバス内のテレビでは映画やってます。だいたい映画がいいシーンに差し掛かると目的地に着いてしまうパターンのやつです。

僕の時はトムクルーズが娘を悪者に人質に取られたシーンで終了。誰かこれだけでタイトルがピンとくる人いたら教えてください。

 

カンクンの空港の情報

カンクンの空港は特段書くことありません。Wi-Fiが使えない。プライオリティーパスのラウンジが22時で閉まるということくらい。

 

後、バスを降りたところからどうやって空港内に侵入するのか少し複雑ですが、それはタクシーの呼び込みのおじさんが声をかけてくれた時に「今から飛行機に乗るんだ、どっから入ったらいいかわからない」と首を斜め45度に傾けてうるうるした瞳で聞くと教えてくれます。という無責任な情報。

 

呼び込みの人みんなとってもいい人で、バスのチケットあるって言ったらバスの停留所への行き方教えてくれたり、今から飛行機に乗るって言ったら行き方教えてくれたり。こういう優しさが好きだ。メキシコ。

 

LATAMの飛行機の中では

ダブルブッキングで席がなかったとか、あまり良い評判を聞かなかったLATAM航空でリマへ。全く問題なかったです。

 

ただしここでアドバイス

これはどんな飛行機でもそうですが、飛行機乗る時、絶対長ズボン履こう。短パンとビーサンで乗り込んだら足凍えました。僕の脂肪(希望)のつきかたで足凍えるので、みなさんの場合「寝たら死ぬぞ」ってことになりかねません。ブランケットあるからいいやーは禁句です。

 

ちなみに僕たちは、非常口のある席でチェックインの時「ちゃんと英語喋れる?」って聞かれて、それすらもろくに聞き取れず「イエス!!」って言ったのに、基本的にCAとの非常口を巡るやりとりは全てスペイン語でした。色々ごめんなさい。

 

リマの空港からミラフローレスへは

僕たちはミラフローレスへというリマの中でも高級住宅街で治安が良いといわれている場所に宿をとったので、そこまで空港から向かいます。

 

ミラフローレスへは、エアポートバスの利用が便利。この写真の会社です。

f:id:teriyaki44:20180221013854j:plain

カウンターは出口に向かって進む道すがらにあるのですぐに見つかります。

 

値段は一人8ドルか25ソル(約826円)です。往復買うと少し割引になります。

 

あと、空港のWi-Fiに繋ぐと、こんな画面がでてきます。

f:id:teriyaki44:20180221014000p:plain

これ知ったのチケット購入したあとだったので、試してはいませんが、表示によると10パーセントオフらしいので、カウンターへ行く前にWi-Fiつなぎましょう。

空港のWi-Fiは30分間でした。

 

というわけで、無事に宿に着いて今に至リマす。(リマだけに)

 

今日の出来事

リマでロストバゲージしかけたが、カウンターのお兄さんの対応が早く、探してくれて、なんとかロストバゲージしなくて済んだ。でも、バックパックのカバーがなくなった。カンクンかリマにカバンのカバーフェチがいます。気をつけて。

 

リマの空港のケンタッキーでセットを頼んだら、ゴリゴリのスペイン語で話し続けられて、なぜかコンボのコカコーラにインカコーラがついてきた。早速飲み比べができました。カーネルさんありがとう。インカコーラは日本でいうデカビタとコーラを足して2で割ったような味です。

 

つまり僕たち世代のみなさんは、かつてサイゼリアのドリンクバーでジュースを混ぜてヘラヘラしている時にインカコーラを体験しているわけです。世界は狭いですね。

 

僕だけやたらとスペイン語でゴリゴリ話をすすめられる。聞き返すと、すごく不思議な顔をされる。なぜでしょう?

 

あ、こんな記事をタビッポで書かせていただきました。何の参考にもならないと思いますが。

tabippo.net

 

それでは、今日もワクワクした一日をお過ごしください。